侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームなどに関する二、三の事柄

侍ジャパンと、ユニフォームと

【侍ジャパンU-18代表からプロ入りした選手たち 後編】

侍ジャパンが今後の国際大会で勝ち抜く鍵はU-18代表が握っていると思ってる。このカテゴリーの継続的な育成が重要なのではないか。

【侍ジャパン U-18代表からプロ入りした選手たち 前編】

彼と彼はかつて代表チームでチームメイトだったのか!U-18代表編。やはり、思わず笑みがこぼれる。あふれる。

【侍ジャパン 東京オリンピック直前合宿】

おんぼろ列車に乗って田舎道、銀の帆張った船は海の上。なんて口ずさみます。

【侍ジャパンの歴史・記憶 99アジア選手権】半端感半端ない日本代表、笛吹けども踊らず。

この年の怪物ルーキーの松坂大輔と、球界最強捕手古田敦也が参戦した大会。野球オリンピック史第2章のはじまりである。

【侍ジャパン大学代表からプロ入りした選手たち 後編】

むしろ同世代で代表に選出されなかった男たちに関心が向く。

【侍ジャパン大学代表からプロ入りした選手たち 前編】

彼と彼は大学代表でチームメイトだったんだね、なんてことを再確認して愉しい。フフ、なんて笑みをこぼして愉しい。

【2021WBC出場を目指すフランス代表監督に、】

WBC

フランスから野球を連想する人はいない。でもフランスで野球をしている人もいるのである。フランス代表がWBC本選に勝ち上がってきたら、なんか楽しそうだ。

【侍ジャパン 歴代ユニフォーム アテネ五輪その2】

2004年はアテネ五輪だけでなく、近鉄とオリックスの合併に端を発した、プロ野球界初のストライキも行われた。この騒動のなかで当時の中日ドラゴンズ監督・落合博満は、なかなか男前なことを言っている。

【ハーレムベースボールウィークとは】

若い世代の出場を前提とした、このような規模の国際大会がもっと増えればいいと思うのだが。日本もU-15代表のアジアチャレンジマッチとか、もう少し大きな大会にすればいいのに。

【東京五輪世界最終予選にオーストラリアが出場決定】

君と別れて僕は石ころになって、蹴っ飛ばされて、転がって疲れた。出会えた喜びはいつも一瞬なのに、どうして別れの悲しみは永遠なの?なんて口ずさみます。

【侍ジャパン大学代表候補・五十幡亮汰という男】

消えた天才?消えてねえよ。という男。まあ陸上界からは消えたかもしれないが。野球を選んでくれてありがとう。