侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームなどに関する二、三の事柄。日本代表ネタ、国際大会ネタがないときは野球カードでつなぎます。お許しを。

メディア

【星野ジャパン強化試合 サンスポ 2008年8月9日】

生涯初のファウルボールを帽子でゲット。

【北京五輪アジア予選台湾戦 スポニチ 2007年12月4日】

サブロー伝説のスクイズ!

【北京五輪アジア予選韓国戦 スポニチ 2007年12月3日】

まさに死闘。4時間超えの試合がまったく長く感じなかった。

【星野ジャパン強化試合 スポニチ 2007年 11月24日】

若きダルビッシュ有。すでにエースの風格。

【星野ジャパン誕生 サンスポ 2007年1月26日】

希望に満ち溢れていた頃。

【WBC2006優勝 日刊スポーツ 2006年3月22日】

スポーツ新聞保存は場所を取ります。

「憧れを超えた侍たち」が家に来た!

本編ラストからタイトルバック、主題歌「さよならの今日に」への流れがたまらんのじゃ。

「憧れを超えた侍たち」を見た!

やはりスクリーンで見るべき。

「Number」日本代表特集号 2014~2023編

昔はスポーツライターという職業に憧れていたのです。

【侍ジャパンWBC2023ドキュメンタリー映画「憧れを超えた侍たち」公開決定!】

また、劇場で号泣してしまうんだ。

「Number」日本代表特集号 2006~2013編

「ナンバー」のグラフィックはいつ見てもうっとりするのです。

「週刊ベースボー ル」日本代表特集号(10)

史上最大のWBCに、史上最強の侍ジャパン、史上最多のWBC優勝特集号!

【侍ジャパン レジェンドインタビュー 鳥谷敬編】

井端のインタビューとあわせて楽しもう。

【侍ジャパン レジェンドインタビュー 岩隈久志編】

09WBCのMVPといっても過言ではない。

【侍ジャパン 山本浩二✕栗山英樹 新旧監督対談】

この新旧監督対談はもっとやってほしい。

【侍ジャパンDAY 山本浩二編】

なんか、頼りなかった。

【侍ジャパン コーチ・インタビュー清水雅治編】

栗山監督はコーチのことも下の名前で呼ぶのね。

【侍ジャパン コーチ・インタビュー吉村禎章編】

地味に、元侍ジャパンU-15代表監督である。

【侍ジャパン コーチ・インタビュー吉井理人編】

代表投手コーチは戻ってきてメジャー、という流れになりそう。

【侍ジャパン コーチ・インタビュー白井一幸編】

あたしゃ、白井ヘッドにとても期待しているんだよ。

【侍ジャパン レジェンド・インタビュー 宮本慎也編】

果たして栗山ジャパンでの精神的支柱は誰だろうか。

【侍ジャパンDAY 宮本慎也編】

いまだに侍ジャパン、野球日本代表のキャプテン像は宮本慎也だよ。

【侍ジャパン レジェンド・インタビュー 川崎宗則編】

野球腹がへった、という独特な表現をしていたな。

「八月の歓喜」が家に来た!

やはりソフトで持っていたいもの。

【侍ジャパン レジェンド・インタビュー 攝津正編】

攝津と言えばシンカー。

【侍ジャパン レジェンド・インタビュー 斎藤佑樹後篇】

大石達也も、大学時代が一番輝いていたなあ。

【侍ジャパン レジェンド・インタビュー 斎藤佑樹前篇】

大学代表では、確かに輝いていた。

【侍ジャパン 栗山監督✕稲葉前監督特別対談】

なんだか不思議な関係性である。

【侍ジャパン レジェンド・インタビュー 松坂大輔後篇】

松坂と上原のWエースがいた日本代表が懐かしい。

【侍ジャパン レジェンド・インタビュー 松坂大輔前篇】

松坂大輔とジョニー黒木がいた日本代表。