侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームなどに関する二、三の事柄

侍ジャパンと、ユニフォームと

侍Jユニ

侍ジャパンのレプリカユニフォーム、レプリカキャップなどに関する記事です。たまにプロコレもあります。

【侍ジャパン 歴代ユニフォーム 北京五輪その2】

いよいよ延期となりそうな東京五輪。WBCは大丈夫だろうか?と思いはじめた。

【侍ジャパン 歴代ユニフォーム 北京五輪その1】

2003アジア野球選手権からずっと、ほぼ変わらぬデザインのユニフォーム。野球日本代表の、いや侍ジャパンの、いや星野ジャパン。まだまだつづきます。

【侍ジャパン歴代ユニフォーム 07アジア選手権その3】

このアジア選手権、忘年会スルーしてテレビ観戦したのを覚えている。冷ややかな目で見られたのを覚えている。

【侍ジャパン歴代ユニフォーム 07アジア選手権その2】

ここで宣言しておくが、しばらくは似たようなユニフォームがつづきます。北京五輪編が終了するまでつづきます。

【侍ジャパン 歴代ユニフォーム 07アジア選手権その1】

2007アジア選手権はとてつもなく濃密な3日間だった。やはりオリンピックは予選がないとな。

【侍ジャパン歴代キャップ 06WBCその2】

侍ジャパン、というか王ジャパン、ようは野球日本代表のキャップは買ったところでかぶらないよ。

【侍ジャパン歴代キャップ 06WBCその1】

日本代表史上唯一の海外メーカーのキャップである。どうしてキャップだけこうなったのかは知らない。

【侍ジャパン 歴代ユニフォーム06WBCその3】

この時代の国際大会は楽しかった。試合が増えすぎたのか、量の増加は質の低下というやつか、なぜだろう。

【侍ジャパン 歴代ユニフォーム06WBCその2】

王貞治が日本代表の監督で、もしも召集されたら五郎は断れないよ。あ、呼ばれることはねえか。

【侍ジャパン 歴代ユニフォーム06WBCその1】

遂にイチローが日本代表にやって来た。なんでそれだけで、ありがとう、って思うんだろ?

【侍ジャパン歴代キャップ アテネ五輪その3】

2020年になったのでオリンピックイヤーである。東京五輪である。早くチケット届かないかな。むーん。

【侍ジャパン歴代キャップ アテネ五輪その2】

侍ジャパンといえばアサヒ スーパードライである。

【侍ジャパン歴代キャップ アテネ五輪その1】

野球日本代表、すなわち侍ジャパン、というよりむしろ長嶋ジャパンのキャップ。まさかギリシャで野球をするとはね。

【侍ジャパン 歴代ユニフォーム アテネ五輪その2】

2004年はアテネ五輪だけでなく、近鉄とオリックスの合併に端を発した、プロ野球界初のストライキも行われた。この騒動のなかで当時の中日ドラゴンズ監督・落合博満は、なかなか男前なことを言っている。

【侍ジャパン 歴代ユニフォーム アテネ五輪その1】

アテネ五輪といえば、世間では長嶋ジャパンではなく、栄光への架け橋とか、チョー気持ちいいとか。だとか。

【侍ジャパン 歴代ユニフォーム 03アジア選手権その4】

侍ジャパンのエースに必要なのはグルーヴ感だ。松坂大輔のピッチングにはグルーヴ感があった。俺たちは眩しさの向こうに不確定な明日を見ていた。

【侍ジャパン 歴代ユニフォーム 03アジア選手権その3】

イチローがいないことを除けばほぼ完璧な日本代表だった。と思う。

【侍ジャパン 歴代ユニフォーム 03アジア選手権その2】

試合数は少ないが、アジア選手権は楽しいね。来年の五輪予選としてのアジア選手権がないのは残念だ。

【侍ジャパン 歴代ユニフォーム 03アジア選手権】

松坂、上原、黒田、岩瀬、城島、小笠原、松井稼頭央、宮本、高橋由伸、福留、わぱぱ、ぐわ、わぱぱ、凄いメンバー。

【侍ジャパン 歴代キャップ 01W杯】

プロ選手が参加しながらメダルなしに終わった大会だが、W杯46連勝中であったキューバを予選リーグで破ったことが記憶されてるよ。

【侍ジャパン 歴代キャップ シドニー五輪その4】

暑い、暑い、暑い、とか言ってるから暑いんだ!寒い、寒い、寒い!らりほー。野球の全日本の帽子だよ。

【侍ジャパン 歴代キャップ シドニー五輪その3】

大昔に流行ったアメコミフィギュアのバリエーション違いも全部集める、みたいな感じになってる帽子。

【侍ジャパン 歴代キャップ シドニー五輪その2】

ライオンズのキャップは時々かぶるが、ジャパンのキャップなんかどうすればいいのだ。とか思いつつ、買う。

【侍ジャパン 歴代キャップ シドニー五輪その1】

俺たちの侍ジャパン、というか野球日本代表、てか全日本のキャップ。帽子。かぶることなく押入れに眠る帽子。

【侍ジャパン 歴代ユニフォーム01W杯】

昔は野球にもW杯があったのですよ。気まぐれ?って感じでプロも出てたんですよ。今はWBCにその座を奪われましたけど。

【侍ジャパン歴代ユニフォーム シドニー五輪その4】

全日本、ていうか野球日本代表、いわば侍ジャパンのユニフォーム。普段まったく興味のない競技に熱くなれる。オリンピックの魔力。

【侍ジャパン歴代ユニフォーム シドニー五輪その3】

プロ入り2年目で日本代表のエースとして五輪出場の松坂大輔はやはり怪物である。

【侍ジャパン歴代ユニフォーム シドニー五輪その2】

古田が出てればなあ、なんて思いながら見てましたよね。シドニーオリンピック。あとイチローも。ぐわし。

【侍ジャパン歴代ユニフォーム シドニー五輪その1】

シドニー五輪ともなると、つい最近の出来事、なんて思ってしまうけどもう20年近く前なのね。Qちゃんとかね。柔道の誤審とかね。

【侍ジャパン歴代ユニフォーム アトランタ五輪その2】

野球日本代表、それって侍ジャパンのレプリカユニ、アトランタ五輪編パート2。初めて自分で自分をほめてあげたい。って言ってました。ぼくはいつも自分で自分をほめてます。