侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームに関する二、三の事柄

【世界野球プレミア12各国代表のユニフォーム】

世界野球プレミア12出場国のユニフォーム

WBSC U-18ワールドカップのときのユニフォーム紹介で予告したように、プレミア12でもやりますよ。ユニフォームブログとしては避けては通れないのである。スーパーラウンド開幕前に、と思ったが間に合わなかった。

オープニングR グループA

メキシコ代表

f:id:wataridori73:20191110213301j:image
ホーム用である。白を基調にして赤と緑を配色している。胸レターのデザインは一定ではないが、カラーは基本的に同じである。キャップは以前は緑だったが今は赤である。

 

f:id:wataridori73:20191110212004j:image

ビジター用。ホーム用と同じデザインで、緑を基調にしている。メキシコ、って感じである。

 

アメリカ代表

f:id:wataridori73:20191110212017j:image

定番のホーム用である。U-18代表も同じユニフォームを着ていた。

 

f:id:wataridori73:20191110212028j:image

こちらも定番のビジター用。U-18代表はネイビーのユニを着ていたが、こちらは以前から着用のグレーである。


f:id:wataridori73:20191114132801j:image

ビジター用である。アメリカがスーパーRの日本戦で第3のユニを着用してきたので追加しました。ネイビーだが、やはりグレーのほうがいいかなと思うな。

 

ドミニカ共和国代表

f:id:wataridori73:20191110212039j:image

ホーム用である。日本のメーカーであるオンヨネ社製のユニフォームだ。非常にカッコいい。左右の袖のカラーが違うのがいいじゃないか。

 

f:id:wataridori73:20191110212053j:image

ビジター用である。こちらもカッコいい。青と赤の配色が素晴らしい。

 

オランダ代表

f:id:wataridori73:20191110212105j:image

ホーム用である。オレンジ、といえばオランダ。オランダといえばオレンジである。この先も他国が使用することはないだろう。

 

f:id:wataridori73:20191110212116j:image

ビジター用である。意外にもナショナルチームで黒のユニフォームを着用している国は他にない。少なくとも主要国際大会に出場している国では他にない。なぜだろ?

 

オープニングR グループB

日本代表

f:id:wataridori73:20191110212127j:image

ホーム用である。侍ジャパンである。おそらくは東京五輪前にマイナーチェンジがあるだろうからこのユニフォームでの国際大会出場は最後、かもしれない。

 

f:id:wataridori73:20191110212138j:image

ビジター用である。どうも近年の侍ジャパンのビジター用ユニは好きになれない。あと、以前も書いたがどうして日本は競技を超えた、ナショナルカラーみたいなものがないのだろ?

 

台湾代表

f:id:wataridori73:20191110212150j:image

ホーム用である。台湾のユニフォームは安定している。メーカーはミズノである。

 

f:id:wataridori73:20191110212200j:image

ビジター用である。ホーム用は白、ビジター用は青という国はいくつかあるが、それぞれ青色の濃淡に違いがある。台湾の青は濃い。

 

ベネズエラ代表

f:id:wataridori73:20191110212210j:image

ホーム用である。白とベネズエラの基本カラーであるワインレッドの組み合わせ。17WBCでは国旗のカラーである赤、青、黄色で配色された強烈なユニで登場したのだが、その三色を混ぜ合わせるとワインレッドになるらしい。

 

f:id:wataridori73:20191110212219j:image

ビジター用である。ワインレッドに黄色である。黄色は虎柄みたいなワイルドなデザインで、相変わらず強烈なのがベネズエラだ。この色彩でキャップは青だ。

 

プエルトリコ代表

f:id:wataridori73:20191110212228j:image

ホーム用である。白と青と赤をバランスよく無難にまとめたユニフォームだ。メーカーは台湾と同じくミズノである。侍ジャパンに干されて他国に進出した結果だろう。当然こうなる。

 

f:id:wataridori73:20191110212238j:image

ビジター用である。基本的にはやはり白、青、赤の配色を変えてデザインしている。胴体と袖がセパレートになっているカラーリングは好きなのだが、プエルトリコが一番よい。セ、セパレート!セパレート・ウェイズ!

 

f:id:wataridori73:20191110212247j:image

ビジター用である。え?3つ目じゃん。そう。プエルトリコはなぜか3種類のユニフォームを着用していた。理由は知らん。この赤を台湾戦、上の青を日本戦のビジター用で着用していた。

 オープニングR グループC

韓国代表

f:id:wataridori73:20191110212256j:image

ホーム用である。白と青の使用はなぜか野球のユニフォームに多い。まあ国旗での使用率が高いからだろう。とくにカリブ海周辺は。

 

f:id:wataridori73:20191110212304j:image

ビジター用である。韓国はサッカーは赤のイメージが強いが野球は青だ。台湾に比べるとやや明るい青である。

 

オーストラリア代表

f:id:wataridori73:20191110212314j:image

ホーム用である。オーストラリアといえば白と緑と黄色である。今はこのデザインに落ち着いている。記憶に残っているのはアテネ五輪のときの鮮烈な配色だ。

 

f:id:wataridori73:20191110212326j:image

ビジター用である。プレミア12には出場してないがオーストラリアのカラーリングは南アフリカと思いっきりかぶってる。ラグビーワールドカップでのユニフォームを覚えている諸君も多いことだろう。ラグビーの南アフリカはファーストが緑で、セカンドが白。オーストラリアはファーストが黄色、セカンドが緑である。

 

キューバ代表

f:id:wataridori73:20191110212336j:image

ホーム用である。キューバのユニフォームもコロコロ変わるが、白、青、赤を基調にしているのは変わらないのでどこがどう変わったかはわかりにくい。でも今回は白と青だけのシンプルなデザインになって美しくなった気がする。

 

f:id:wataridori73:20191110212346j:image

ビジター用である。キューバのビジター用といえば上下とも赤!というイメージが強い。今回のようにグレーを取り入れることも時々ある。でもできれば赤!赤!のほうが純烈で愉しい。ちなみにキューバとプエルトリコはカラーリングが似てるが、国旗もデザインは同じである。配色が逆になるが。

 

カナダ代表

f:id:wataridori73:20191110212355j:image

ホーム用である。あの夏のU-18代表のユニフォームと同じだ。個人的には好きなユニフォームだ。

 

f:id:wataridori73:20191110212406j:image

ビジター用である。何度も書いたがビジター用はグレーがカッコいい。今回でいえばアメリカとカナダである。二つを比べるとやはりカナダに軍配が上がる。キャップの黒がいいのだろう。

 

私的な世界野球プレミア12 2019のベストユニフォームはカナダとドミニカ共和国のともにビジター用である。キャップならカナダとメキシコ。欲しいな。買おうかな。やめよかな。買おうかな。

 

baseball.p-goro.com