侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームに関する二、三の事柄

【世界野球プレミア12 ORグループC DAY1】

世界野球プレミア12。韓国で開幕したオープニングラウンド・グループCの1日目である。日々は続いている。愉しい日々は続いている。哀しい日々も続いている。

グループC

キューバvsカナダ
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
CAN 0 0 0 1 0 0 0 2 0 3
CUB 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

キューバのクリーンアップにはグラシアル、デスパイネ、セペダのNPB組が並んだ。日本のプロ野球ファンとしてはたまらない、ドキドキが止まらない。ボクの熱量がボクの容器におさまらない。そのような中軸である。投のカナダと打のキューバの対決というわけである。だが。
試合は、カナダが4回表にサンダースのタイムリーで先制。8回表には死球、内野安打、送りバントからの、敬遠満塁策でチャンスを広げたカナダ。2死となるも連続四球で押し出しで2点追加である。見事に自爆したキューバのピッチャーは代わったばかりのモイネロであった。きゃっ。
カナダの先発はオーモン。2メートルの長身から投げ下ろす速球と落差のあるカーブが武器。先発よりクローザー向きとの評価であったが、8回を2安打9奪三振のナイスピである。9回はマシソンがビシッと抑えて完封リレー。キューバ打線を封じ込めた。これって日本がやりたい野球ではないのか?

f:id:wataridori73:20191107104501j:plain
https://premier12.wbsc.org/ja/2019


韓国vsオーストラリア
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
AUS 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
KOR 0 2 1 0 0 1 0 1 0 5

韓国の先発は左腕Wエースの一人、梁玹種。6回を無失点、10奪三振という期待通りの好投である。韓国は2回裏、金賢洙と閔 炳憲の連続タイムリーで2点を先制である。その後6回裏には許敬民のタイムリーでリードを広げた。理想的な試合運びで韓国の勝利。敗れたオーストラリアは1安打、無得点と投打ともに振るわなかった。

f:id:wataridori73:20191107104516j:plain
https://premier12.wbsc.org/ja/2019