侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームに関する二、三の事柄

【世界野球プレミア12 ORグループC DAY2】

世界野球プレミア12。韓国で展開中のオープニングラウンド・グループCの2日目である。やはり日々は続いている。愉しい日々は続いている。辛い日々が追いついている。

グループC

キューバvsオーストラリア
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R
AUS 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 2
CUB 0 0 0 0 2 0 0 0 0 1X 3

今大会初の延長タイブレークにもつれこんだ。両チーム無得点のまま5回まで進んだが、キューバは5回裏にデスパイネ、セペダ出塁からのサモンのタイムリーで2点先取し均衡を破る。だがオーストラリアもすぐに、6回表にケネリーのソロ、ウェイドのタイムリーで同点に追いつく。そのまま両チーム得点なく試合は延長戦へ。9回から回またぎのモイネロが10回も締め、その裏にグラシアルの犠牲フライでキューバがサヨナラ勝ちをおさめた。

f:id:wataridori73:20191108070357j:plain
https://premier12.wbsc.org/ja/2019



カナダvs韓国
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
KOR 0 0 0 0 0 2 0 0 1 3
CAN 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1

グループC1勝同士の対戦である。韓国の先発はWエース左腕のもう一人・金廣鉉である。カナダも先発は左腕のザストリズニー。左右高低に散らして打ち取るタイプのピッチャーである。試合は両投手の好投で5回まで互いに無得点。動いたのは6回表、韓国は満塁で金宰煥のタイムリーが飛び出し2点を先制する。8回裏にカナダはダービルのタイムリーで1点差にするが、9回表に朴珉宇のタイムリーで差を広げられてしまう。試合はそのままゲームセット。カナダは韓国打線を3得点に抑えたが、打線が3安打と沈黙してしまった。韓国は先発・金廣鉉が6回を無失点7奪三振と好投。これに尽きる。韓国のW左腕エースはかなり脅威である

f:id:wataridori73:20191108070410j:plain
https://premier12.wbsc.org/ja/2019