侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームなどに関する二、三の事柄。基本的には月曜、木曜更新です。

20200725200428

【侍ジャパン歴代キャップ 06WBCその2】

2006WBC

東京オリンピック、そして来年の春、つまりは約1年後には2021WBCである。なかなか愉しいイベントが目白押しである。地味なことを言うと来年の秋にはアジアプロ野球チャンピオンシップもある。楽しいね。

2006年の第1回WBCの野球日本代表、いや侍ジャパン、いや王ジャパンが使用したキャップである。前回はホーム用のキャップであったが、今回はビジター用である。キャップにもホーム用とビジター用があったのである。使い分けていたのである。気合いが入っていたのだろうか。お洒落さんだったのだろうか。

 


f:id:wataridori73:20200126120859j:image

ビジターの方がカラーが少なくシンプルになっている。つばの色が赤から紺になっただけなのだが、ずいぶんと印象が変わる。決勝のキューバ戦がビジター用だったせいか、こっちの印象が強く残っている。

 


f:id:wataridori73:20200126120915j:image

個人的にはビジターの方が好きなのだが、選手がかぶっている姿を見るとなぜかホーム用の方が好きになってしまう。

 


f:id:wataridori73:20200126120934j:image

左側の日の丸もホーム用と同じである。

 


f:id:wataridori73:20200126120947j:image

キャップ裏側のWBCタグ。いいよね。こういうの、いいよね。

 


f:id:wataridori73:20200126121032j:image

ホームもビジターもどちらもNEW ERAのキャップである。ミズノとは異なり、どこか重厚感がある、ような気がする。

 


f:id:wataridori73:20200126121044j:image

サイズのタグ。

 

 

当然のことにサイズフリーのレプリカキャップも持っていたが、以前に売ってしまった。オーセンティックあるからいいや、などと思ったのだが今は後悔しています。馬鹿馬鹿、五郎の馬鹿。というわけで、手頃なお値段で売っているのを見つけたらまた買います。