侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームなどに関する二、三の事柄

侍ジャパンと、ユニフォームと

【侍ジャパン 歴代キャップ 北京五輪その2】

2008北京五輪

くたばれコロナ!とりあえず小さくたって大声で叫ばなければ気がすまぬ昨今。

都心は閑散としているようですが、逆に周縁の小規模都市に人が集まっているようだ。近場で済まそう、ということか。確かにそんな気がする。済ますも何も外に出ないほうがいいのだが。でもまあ、少なからず用事はあるからなあ。色々と疲れますよ。うどんを買ってきて食べよう、などと独り言を口走る始末ですよ。

てなわけで東京五輪ではなく北京五輪。侍ジャパンの、いやさ野球日本代表の、すなわち星野ジャパンのキャップ。帽子。北京五輪関連、つまり星野ジャパン関連のものはこれが最後だと思う。07アジア選手権から考えると長い旅路だった。


f:id:wataridori73:20200320195001j:image

いい感じです。オリンピックでは最後、と思っていたけどそうではなくなったけどやっぱりこれが最後になるかもね。

 


f:id:wataridori73:20200320195015j:image

前回も書いたが、アテネ五輪のときの日本代表キャップはニット地だったが、北京五輪ではメッシュ地である。軽量化は図られたが、風格は損なわれたような気がする。

 


f:id:wataridori73:20200320195028j:image

ミズノプロである。安価で売っていると、ついつい買ってしまう。特に北京五輪グッズは大会後に暴落したんだ。

 


f:id:wataridori73:20200320195039j:image

サイズは62である。五郎には少し大きい。

 


f:id:wataridori73:20200320195053j:image

前年の北京五輪アジア地区予選となるアジア選手権のときは、後部にNPBマークがついていた。12球団のキャップについてるやつである。北京五輪ではついてない。色々とあるのだ。大人の事情というやつが。

 

北京五輪編が終了した。オリンピックはひとまずこれで終わりだ。野球の国際大会の一つの節目である。次からは2009WBC編に突入である。

 

一人一人がそれぞれの場所で踏ん張るんだ!

がんばらない!怠けないこと!

そんな感じで。