侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームなどに関する二、三の事柄

侍ジャパンと、ユニフォームと

【侍ジャパン 歴代ユニフォーム 07アジア選手権その1】

2007アジア選手権台中大会

アロー。東京オリンピックまであと5ヶ月くらいになったね。って、なんだか雲行きが怪しくなってきた感じもするけど、中止も延期もない、とは言ってるけど、果たしてどうなるんだろ。東京五輪。早く収束してほしいね。色々とね。

というわけで野球日本代表、すなわち侍ジャパンの歴代ユニフォーム、レプリカユニフォーム。今回は北京五輪予選を兼ねた2007年アジア野球選手権のときの侍ジャパン、いや、野球日本代表、ていうか星野ジャパンのレプリカユニフォームなんです。そうなんです。

 

 

f:id:wataridori73:20200104172922j:image

基本的にはアテネ五輪のときと変化はない。ストライプとストライプの間の隙間が少し狭くなった、くらい。3ミリほど。気づくか!

 


f:id:wataridori73:20200104172933j:image

JAPANロゴも変わりはないが、長嶋ジャパンとはやはり違う。星野ジャパン固有のデザイン、というのはなくて、このユニフォームを着用するすべての代表チームで統一されたデザインである。



f:id:wataridori73:20200104172952j:image

77番である。選手ではない。

 


f:id:wataridori73:20200104173007j:image

ミズノのタグ。レプリカユニフォームのタグ。

 


f:id:wataridori73:20200104173019j:image

星野仙一である。長嶋監督も買ったし、王監督も買ったので星野監督も買った。

 


f:id:wataridori73:20200104173028j:image

レプリカユニフォームに関しては、アテネ五輪のときには省略された背襟の日の丸がきちんとつけられた。やはりこれは嬉しい。

 

僕らを照らしつづけたオレンジの夕陽は

噴水の温度を上げた

そんな感じで。