侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームなどに関する二、三の事柄

20200725200428

【侍ジャパン 歴代ユニフォーム09WBCその3】

2009WBC

くたばれコロナ!とりあえず小さくたって大声で叫ばなければ気がすまぬ。昨日も今日も。

今日の19時からBS1で2006年10月7日プレーオフ第1ステージ埼玉西武vs福岡ソフトバンク、松坂大輔と斉藤和巳のラスト・マッチアップとなった試合が再放送されるそう。いいよね。渡米前の松坂と投手五冠の斉藤だもの。行けなかったな。見に行ったのは次のライオンズが負けた試合だったな。松中の打席で西武ドームの隙間から西陽が射しこんで、とても美しかった。

思い出にひたる日々。うしろむきでOK!ってトモフスキーが歌ってたね。

というわけで今日も野球日本代表、すなわち侍ジャパンの歴代ユニフォーム、レプリカユニフォームである。2009WBCのユニフォームである。哀しいターニングポイントとなるユニフォームなのであった。侍ジャパン、すなわち野球日本代表のユニフォームにもテクノロジーの進化の波が押し寄せてきたのである。

 

f:id:wataridori73:20200427223543j:plain

ビジター用である。オーセンティック、すなわちプロコレである。

 

 

f:id:wataridori73:20200427223554j:plain

テクノロジーの進化の波がよくわかる。そう、レプリカでは刺繍のJapanロゴだったのだが、本当は昇華プリントなのだ。嗚呼、プリントになってしまったのだ。日本のプロ野球でユニフォームに最初に昇華プリントの技術を採用したのは、2008年の千葉ロッテのビジター用ユニフォームだったと思う。たぶん。なんかグラデーションのやつ。

 

 

f:id:wataridori73:20200427223604j:plain

胸番号も、当然のことに昇華プリントである。

 

 

f:id:wataridori73:20200427223615j:plain

右袖の日の丸も、昇華プリントである。プリントの日の丸は最大級に違和感がある。

 

 

f:id:wataridori73:20200427223629j:plain

左袖のミズノタグは布を縫いつけてある。

 

 

f:id:wataridori73:20200427223640j:plain

オーセンティック、すなわちプロコレのタグ。

 

f:id:wataridori73:20200427223650j:plain

ナカジ!中島裕之である。やはりライオンズの選手を買わなければ、と思い買ってしまった。本当は先にホーム用の片岡のユニフォームを紹介すべきなのだが、金策のためにずいぶん前に売ってしまったのだ。嗚呼、売らなければよかったと今になって後悔と懺悔の日々である。

 

 

f:id:wataridori73:20200427223700j:plain

唯一の救い。背中のWBCロゴはなぜか刺繍である。

 

 

f:id:wataridori73:20200427223709j:plain

背ネームと背番号は、もちろん昇華プリント。

 


f:id:wataridori73:20200428230929j:image

2006WBCのビジター用と並べてみた。

どちらも決勝戦で着ていたため愛着がある。どちらかを選べと恫喝されたら、されなくても2006を選ぶよ。

 


f:id:wataridori73:20200501070942j:image

レプリカとオーセンティックを並べてみた。

上がレプリカ、下がオーセンティックである。すなわち上が刺繍で、下がプリントである。イマイチわかりにくいのは申し訳ないが、やはり刺繍がよいに決まってる。手で触れてみるとうっとりすることうけあい。

 


f:id:wataridori73:20200609084803j:image

参考までにはダルビッシュ有!2009WBCを伝説の大会にしてくれた最大の功労者。

 

一人一人がそれぞれの場所で踏ん張るんだ!がんばらない!怠けないこと!

そんな感じで。