侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームに関する二、三の事柄

【侍ジャパン 歴代ユニフォーム 03アジア野球選手権その2】

03アジア野球選手権札幌大会

アロー。ラグビーのワールドカップ、すごい熱量でびっくり。試合もエネルギーに満ちていて、ルールもよくわからず見てるのに熱くなってしまうのであった。何試合か見てるうちにルール覚えられるかな。大人になるとけっこう大変な気がするな。でも少しずつわかるようになりました。トリコになりました。

というわけで今日は野球日本代表、すなわち侍ジャパンのレプリカユニフォーム。前回につづき翌年のアテネ五輪予選を兼ねた2003年アジア野球選手権のユニフォーム。ビジター用。あの夜の札幌は熱かった。


f:id:wataridori73:20190916230806j:image

それにしても、まさか自分がこの方のレプリカユニを買う日がやってくるとは想像もできませんでしたよ。まあ巨人ファンではないので、こんなことでもないと買わないわけだが。でもって、デモテ、やはり日本のビジターユニはこのグレーが一番好きだ。

 


f:id:wataridori73:20190916230818j:image

このグレーに赤のJAPANが映えると思う。

 


f:id:wataridori73:20190916230825j:image

3である。侍ジャパンではなく長嶋ジャパン。そこで3番といったらあの方しかおるまい。もう名前出てる。3番である。まんをじして代表監督に就任した(してしまった)スーパースター長嶋茂雄。後続するオールプロの代表監督と比較しても、やはり長嶋監督のカリスマ性というか求心力というのは群を抜いていた、ような気がする。それゆえに翌年のあの出来事はショックだった。まあ、どうしようもないことだが。

 


f:id:wataridori73:20190916230833j:image

ミズノである。野球日本代表のユニフォームはミズノである。

今は違うけど。

基本的にレプリカユニは買っても着ることはない。でもこの長嶋ユニは着たことがある。着用してしまったのはこの大会のときではなく、もっとずっと後。東京ドームにて行われた08年北京五輪直前の代表強化試合で、なんで長嶋茂雄のユニを持っていったかというと、間違えたから。ナカジのユニと間違えて持っていったから。しかもこれを着てからしばらく気づかなかった。喫煙所で煙草を吸っておったときに隣にいた見知らぬ他人に「長嶋のユニ、いいね」みたいなことを言われて気づいたのだ。そんなこぼれ話。

 


f:id:wataridori73:20190916230842j:image

長嶋茂雄。ミスター。これではNAKAZIMAと間違えても仕方なかろう。
で、このユニを購入したのを契機に代表ユニはライオンズの選手以外にもとりあえず監督のユニも買う流れができた。王監督、星野監督、でもなぜか原監督は買わなかった。なぜか。なぜだろう。わかりませんな。原監督をスルーしてからは監督ユニ購入の流れも止まった。山本、小久保、稲葉、買わないな。間違って辻監督がジャパン監督になったら買うかもね。

 

03アジア野球選手権には黒田博樹、松坂大輔、上原浩治、城島健司、小笠原道大、宮本慎也、松井稼頭央、福留孝介、高橋由伸らが出ていたんだよ。他にももっと出ていたんだよ。

遠い日の些細な約束を、なぜかときどき思い出すんだよ。ねえ君、元気ですか?調子はどうですか?

そんな感じで。

小林選手だけでなく、他の侍ジャパンメンバーのユニも選択可能です。↓