侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームに関する二、三の事柄

【侍ジャパンシリーズvsカナダ代表】

f:id:wataridori73:20191106001535j:plain
https://premier12.wbsc.org/ja/2019

SAMURAI JAPAN SERIES2019 日本vsカナダ

   1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
CAN 0 6 0 0 0 0 0 0 0 6
JPN 0 0 0 2 1 0 1 0 1 5

(日)山口俊、田口、高橋礼、山岡、大竹、嘉弥真、甲斐野─小林、會澤

1 CF 秋山翔吾
2 2B 菊池涼介
3 SS 坂本勇人
4 RF 鈴木誠也
5 DH 吉田正尚
6 1B 浅村栄斗
7 LF 近藤健介
8 3B 松田宣浩
9 C 小林誠司
P 山口俊

侍ジャパンは先発の山口が2回につかまってしまう。ていうか自滅の6失点。二番手以降は無失点に抑えたが、やはり最後までこの6失点が響いた。4回裏に吉田のタイムリーで1点、近藤のセカンドゴロの間に1点。5回には坂本の犠牲フライ、というかカナダのレフトのスーパーキャッチで1点。最終回に1点差にまで詰め寄ったが、マシソンに抑えられた。
侍ジャパンの2番手以降のピッチャーはしっかりとカナダ打線を抑えていた。打線は5得点とはいえカナダの自滅も多く、つながりに欠けていた。最終回に飛び道具・周東が代走で送り出され、初球スタート。あっさり二盗を決めたのは朗報だろう。