侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームに関する二、三の事柄

【侍ジャパンU-18日本代表のドラフト結果】

侍ジャパンU-18代表のドラフト結果

2019年のドラフト会議がビシッと行われたんですよ。このブログでは夏に追いかけた侍ジャパンU-18代表の選手たちを中心にドラフト結果をまとめていくよ。

佐々木朗希(大船渡)→千葉ロッテ
奥川恭伸(星稜)→東京ヤクルト
西純矢(創志学園)→阪神
前佑囲斗投手(津田学園)→オリックス
宮城大弥投手(興南)→オリックス
浅田将汰投手(有明)→横浜DNA
林優樹投手(近江)→
水上桂捕手(明石商)→東北楽天
山瀬慎之助(星稜)→巨人
武岡龍世内野手(八戸学院光星)→東京ヤクルト
石川昂弥内野手(東邦)→中日
韮澤雄也内野手(花咲徳栄)→広島
遠藤成内野手(東海大相模)→阪神
森敬斗内野手(桐蔭学園)→横浜DNA

近江の林投手は残念ながら指名されなかった。意外だったな。大学か社会人を経て、次のドラフトで指名されるよう頑張ってほしい。阪神が1位から5位まで高校生指名で、U-18代表からも西、遠藤の二人を指名した。

 

U-18代表から大学進学を経てドラフト指名された選手たち。

2015年侍ジャパンU-18代表(小笠原慎之介、オコエ瑠偉、平沢大河ら)
森下暢仁(明治大)→広島
勝俣翔貴(国際武道大)→オリックス
郡司裕也(慶應大)→中日
宇草孔基(法政大)→広島

2014年侍ジャパンU-18代表(高橋光成、岡本和真ら)
岸潤一郎(徳島)→埼玉西武