侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームなどに関する二、三の事柄

20200725200428

【第22回アジア野球選手権大会プログラム】

BFAアジア野球選手権2003 兼アテネ五輪アジア地区予選プログラム

くたばれコロナとか、台風とか。小さくたって大きな声で叫ばなければ気がすまぬ。昨日も今日も。明日も明後日も。

これから毎年最強クラスの台風がやって来るのかしら、なんて思ってしまうのだけど、いつか慣れていくのかしら。でも災害に対してはビビリすぎぐらいが丁度いいのだろう。しょせんは無力な人間ですから。

侍ジャパン、すなわち野球日本代表が出場した日本開催の国際大会公式プログラム紹介シリーズの第3弾である。今日は2003年のアジア野球選手権札幌大会のプログラム。初のオールプロ選手で結成された日本代表。長嶋ジャパン。そのためかアジア選手権もイベント性が高くなり、「アサヒビールチャレンジ」とスポンサー付きの冠大会になった。

 

 


f:id:wataridori73:20200905063852j:image

これが2000年代の流行りなのだろうか。抽象的でシンプルなデザインである。以前とはお金のかけかたが違う、という印象。

 

 


f:id:wataridori73:20200905063908j:image

長嶋ジャパン、というわけなので長嶋監督である。この後まさかの事態になるわけだが。

 

 


f:id:wataridori73:20200905063920j:image

この時代の日本代表のWエース。同期入団の松坂大輔上原浩治。オールスターゲームのプログラムみたいである。

 

 


f:id:wataridori73:20200905063929j:image

韓国代表名鑑。以前よりもだいぶ写真がよくなった。相変わらず普通の人たち、といった感じは拭えないが。帽子をかぶらないからだろうか。

林昌勇李承燁李鍾範(今では息子が韓国代表である)などがいる。

 

 


f:id:wataridori73:20200905063937j:image

台湾代表名鑑。こちらもだいぶマシになった。やはり帽子をかぶらない。日本が変わっているのだろうか。

許銘傑に、メジャーに上がる前の王建民などがいる。

 



f:id:wataridori73:20200905063958j:image
オリンピック野球日本代表の歴史。だけではなく、アジア野球選手権の歴史もおさえているので意外に資料的価値は高い。

 

 


f:id:wataridori73:20200905064006j:image

アジア野球選手権大会の公式グッズ。やりきれなくなるくらいに購買意欲がわかないラインナップであった。実際に何も買わなかった。札幌ドームにまで行ったわけではないからな。

 

一人一人がそれぞれの場所で踏ん張るんだ!でも、がんばらない!怠けないこと!

そんな感じで。