侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームに関する二、三の事柄

【侍ジャパン 歴代ユニフォーム01W杯】

2001ワールドカップ


で、今日もやはり野球日本代表の、いわゆる侍ジャパンと呼ばれているけどまだそんなふうには呼ばれてなかった頃の野球日本代表のユニフォームである。いつものとおり、である。

IBAFワールドカップは1938年から2011年まで開催されていた。1998年からプロ選手が参加するようになったが、出たり出なかったりの半端な参加で、結局はアマチュア選手の国際大会であることにあまり変化はなかった。


f:id:wataridori73:20190802122912j:image

色のバランスが良くて実にかっこいい。



f:id:wataridori73:20190802122929j:image

ここから北京五輪まで使用されるJAPANレターである。見覚えのある人も多いだろう。

で、後の縦縞ユニよりやや太いこのツインストライプも、たまらないの。たまらないのよ。



f:id:wataridori73:20190802122946j:image
24番です。というか、ここで革命的なことが起こる。赤に金縁ではなく銀縁になったのである。



f:id:wataridori73:20190802123107j:image
プロコレです。このユニはなぜかレプリカを持ってない。一応、欲しいと思ってる。



f:id:wataridori73:20190802123123j:image

右袖のミズノタグ。



f:id:wataridori73:20190802123137j:image


f:id:wataridori73:20190802123147j:image

出ました。読売巨人軍の高橋由伸さん。かつてウルフと呼ばれた男。なぜかウルフと呼ばれた男。高橋がデビューした頃、長嶋監督は高橋をウルフと命名していたが、電気グルーヴのどちらかが「野球貴族」と命名していた。ウルフよりは断然いいと思うがどうか?だめか?

なんで巨人の選手のユニを持っているのか。自分でもよくわからない。でも野球貴族・高橋は好きな選手でした。ライオンズの選手にこだわらずに他のチームの選手のユニを買うことができるのが代表ユニのいいところではないか。と、いいつつやはりライオンズの選手のユニばかりを持っている。

01ワールドカップにはプロから藤井秀悟、阿部慎之介、井端弘和、井口資仁、佐藤友亮、高橋由伸らが参加しているんだよ。

単純なことを複雑にしないんだよ。複雑なことを単純にしないんだよ。

そんな感じで。