侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームなどに関する二、三の事柄

20200725200428

【WBSC U-23ワールドカップ アメリカ大陸予選】

f:id:wataridori73:20200210230148j:plain

https://www.wbsc.org/

2020年10月にメキシコで開催されるWBSC U-23ワールドカップのアメリカ大陸予選となる、パンアメリカンU-23野球選手権が今月の21日からニカラグアとホンジュラスで行なわれる。日本ではほとんど報道されることはないが、なにかと野球の予選大会が開催される今日この頃である。野球は確かにマイナースポーツだが、我々が思っている以上に世界のあちらこちらで日々、白球を追いかける若者がいるのである。

 

WBSC U-23ワールドカップ アメリカ大陸予選

ニカラグア、ホンジュラス
2月21日〜3月1日

Group A ニカラグア
ニカラグア
ベネズエ
ドミニカ共和国
ブラジル
ペルー
エルサルバドル

 

Group B ホンジュラス
ホンジュラス
キューバ
パナマ
コロンビア
アルゼンチン
グアテマラ

 

各グループリーグの上位3チームがスーパーラウンドに進出し、優勝チーム、準優勝チーム、3位のチームがU-23ワールドカップへの出場権を獲得する。また、この大会は7イニング制である。

 

WBSC U-23ワールドカップ2020

メキシコ
10月2日〜11日

チェコ共和国
ドイツ
台湾
日本
中国
韓国
ニュージーランド
南アフリカ
メキシコ

 

今年の10月にメキシコで開催される第3回WBSC U-23ワールドカップへの出場国はすでに8ヶ国が決まっている。
昨年のU-23ヨーロッパ選手権で優勝したチェコ共和国と準優勝のドイツがヨーロッパの2枠を獲得した。
アジアでは昨年のBFAアジア選手権で優勝の台湾、準優勝の日本、3位の中国、ワイルドカードで韓国が出場を決めている。BFAではU-23の大会は開催されておらず、アジア選手権がその代わりとなった。日本は社会人代表が出場していた。
またオセアニアの1枠をニュージーランドが、アフリカの1枠を南アフリカが獲得。開催国枠でメキシコが出場する。
残り3枠をアメリカ大陸予選の上位3ヶ国が獲得することになる。ちなみにアメリカはこのカテゴリーの大会には現在のところ出場していない。

侍ジャパンU-23代表は斎藤雅樹監督が率いて第1回大会で優勝している。第2回大会にはトップチームの稲葉監督が兼任して準優勝となった。

と、野村克也氏の訃報が入った。80を過ぎた高齢であることを考えると現実的ではないとわかっているが、やはり日本代表を率いる野村監督を見てみたかった。心で花を手向けます。