侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームなどに関する二、三の事柄。基本的に週休二日制。日本代表ネタ、国際大会ネタがないときは野球カードでつなぎます。お許しを。

【WBSC U-23ワールドカップ2022 DAY 1】

f:id:wataridori73:20221014084913j:image

 

👇侍J U-23代表歴代メンバー検索はコチラ👇

侍ジャパンU-23代表 歴代メンバー年代順リスト

 

👇侍J歴代メンバー検索はコチラ👇

侍ジャパン歴代メンバー 年代順リスト

 

THE WBSC U-23 BASEBALL WORLD CUP 2022

 

グループA

🇨🇴コロンビア 2 − 6 台湾🇹🇼

オープニングセレモニーとともに、他チームに先がけて行われた開幕ゲーム。

台湾は2回裏に1点を先制するが、5回表にコロンビアに逆転される。

だが、ホスト国である台湾は6回裏にコロンビアのエラーで同点に追いつくと、さらに打線がつながり一挙に5得点で試合を決めた。

 

🇿🇦南アフリカ 0 − 9 ベネズエラ🇻🇪

前大会優勝のベネズエラが、貫禄を見せつけた。

ベネズエラは、前大会決勝でメキシコを完封したラミレスが開幕投手。今回も被安打1の完封で南アフリカをねじ伏せた。

ベネズエラ打線は4回裏から3イニング連続で3得点。南アフリカは失策が響いた。

 

🇯🇵日本 6 − 0 ドイツ🇩🇪

日本は初回にドイツ先発・ゴベールに3三振を食らう不安な立ち上がり。だが2回表に先頭打者の4番・藤井拓海(四国銀行)が先制ホームラン。つづく中村迅(NTT東日本)のツーベースから3連続タイムリーで、この回4得点。

日本の先発は富田蓮(三菱自動車岡崎)。富田は3回を無安打無失点で開幕投手の重責を果たした。その後は3人の投手を継投し、最終回は権田琉成(TDK)が三者凡退で締めくくった。

 

 

 

 

 

 

グループB

🇵🇷プエルトリコ 5 − 0 キューバ🇨🇺

グループBのオープニングゲームは、プエルトリコの完封勝ちとなった。

プエルトリコは4回表に打線がつながり2得点をあげ、さらに最終回には3得点でキューバを引き離した。

 

🇲🇽メキシコ 3 − 2 オーストラリア🇦🇺

前大会準優勝のメキシコとオーストラリアの対戦は延長戦にもつれこむ接戦となった。

4回表にメキシコか2点を先制するが、5回裏にオーストラリアがホームランなどで同点に追いつく。試合は延長戦となり、8回表にメキシコが1点を勝ち越し、接戦を制した。

ちなみにオーストラリアU-23代表の監督は、トップチーム監督と兼任の元中日ドラゴンズのディンゴことデーヴ・ニールソンである。オーストラリア代表は11月の強化試合で来日し、WBCでは日本と同プールで対戦する。

 

🇰🇷韓国 4 − 0 オランダ🇳🇱

韓国は2安打で4得点と効率のよい攻撃でオランダに完封勝ちした。

最終回の韓国の3得点は、アグレッシブな走塁によりもたらされた。オランダも好守備を連発したが、最後に乱れてしまったのが悔やまれる。