侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームなどに関する二、三の事柄。基本的に週休二日制。日本代表ネタ、国際大会ネタがないときは野球カードでつなぎます。お許しを。

【WBSC U-23ワールドカップ2022 DAY 7】

f:id:wataridori73:20221021074914j:image

 

👇侍J U-23代表歴代メンバー検索はコチラ👇

侍ジャパンU-23代表 歴代メンバー年代順リスト

 

 👇侍J歴代メンバー検索はコチラ👇

侍ジャパン歴代メンバー 年代順リスト

 

THE WBSC U-23 BASEBALL WORLD CUP 2022

オープニングラウンドのグループAとグループBの上位3チームによるスーパーラウンドの開幕である。

 

スーパーラウンド

🇨🇴コロンビア 3 − 4 メキシコ🇲🇽

0勝2敗のコロンビアと、1勝1敗のメキシコとの対戦である。

試合はコロンビアが、2回表から3イニング連続得点で3点をリードする有利な展開。

だがメキシコは4回裏に1点を返すと、つづく5回裏にはコロンビアのカノーが四球に暴投を連発し3点を奪い逆転した。

 

🇰🇷韓国 6 − 2 台湾🇹🇼

2勝0敗同士の、優勝候補同士の激突である。

韓国は2回表に1点を返した後、1死満塁からスクイズを敢行。これが台湾バッテリーのエラーを誘い、2得点。さらに1点を取り点差を4点とした。

台湾は2回裏に韓国バッテリーのミスなどで2点を返すが、追いつくことはできず大会初黒星となった。

 

 

 

 

 

🇦🇺オーストラリア 1 − 2 日本🇯🇵

0勝2敗のオーストラリアと、1勝1敗の日本との対戦である。

日本の先発は昨日のプロ野球ドラフト会議で阪神タイガースに6位指名された、左腕の富田蓮(三菱自動車岡崎)。富田は6イニングを1失点・8奪三振の好投で試合をつくった。

日本打線は3回裏、9番中田悠斗(ヤマハ)がヒットで出塁し、1番中川拓紀(Honda鈴鹿)が四球でつづきチャンスを広げると、3番相羽寛太(ヤマハ)がセンター前にタイムリーヒットを放ち2点を先制。これが決勝打となり、日本は接戦を制した。