侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームなどに関する二、三の事柄。基本的に週休二日制。日本代表ネタ、国際大会ネタがないときは野球カードでつなぎます。お許しを。

【WBSC U-23ワールドカップ2022 DAY 9】

f:id:wataridori73:20221023054620j:image

👇侍J U-23代表歴代メンバー検索はコチラ👇

侍ジャパンU-23代表 歴代メンバー年代順リスト

 

 👇侍J歴代メンバー検索はコチラ👇

侍ジャパン歴代メンバー 年代順リスト

 

THE WBSC U-23 BASEBALL WORLD CUP 2022

 

🇨🇴コロンビア 4 − 5 韓国🇰🇷

決勝進出を賭けた韓国とコロンビアとの対戦は白熱の展開となった。

韓国は4回で2点をリードされるという苦しい展開。しかし4回裏に3者連続長打で韓国は3点を奪い逆転する。

追う展開となったコロンビアは、5回表に2番アローヨのタイムリーで同点。7回表にまたもアローヨのタイムリーで逆転する。

最終イニングに追い込まれた韓国だったが、8番ソンのタイムリーツーベースで同点に追いつき、延長戦となった8回裏に、コロンビアのフィルダースチョイスでサヨナラ勝ちを決めた。

 

🇦🇺オーストラリア 3 − 0 台湾🇹🇼

スーパーラウンドで勝ち星のないオーストラリアと台湾の対戦である。

台湾は初回、先発のリンが大乱調で、2死満塁から連続四球の押し出しで2点を先制された。

早めに追いつきたい台湾打線だったが、オーストラリアの先発ウォーターズ、ロングリリーフのジャクソンに完全に抑え込まれて、完封負けを喫した。

 

 

 

 

 

🇲🇽メキシコ 2 − 4 日本🇯🇵

韓国の勝利によって、勝ったチームが決勝進出となった日本とメキシコの対戦である。

日本の先発・右腕の片山楽生(NTT東日本)は、5イニングを無安打無失点に抑える完璧なピッチングで日本に流れを呼んだ。

打線は2回裏に、ここまで調子の出なかった齋田海斗(TDK)がタイムリーを放ち先制。

さらに3回裏には無死満塁から、初めて4番を任された相羽寛太(ヤマハ)がタイムリー、中村迅(NTT東日本)の犠牲フライ、そしてふたたび齋田海斗のタイムリーで3点を奪いリードを広げた。

6回からマウンドに上がった澤柳亮太郎(ロキテクノ富山)は、緊張からかいきなり三塁打を打たれ、さらに二つの四球で満塁のピンチを招くが、押し出しの1点で切り抜ける。最終回もピンチとなり2点差に迫られるが、最後は力で押し切り日本の決勝進出を決めた。

 

3位決定戦

🇲🇽メキシコ vs. 台湾🇹🇼

 

決勝戦

🇰🇷韓国 vs. 日本🇯🇵