侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームなどに関する二、三の事柄。基本的に週休二日制。日本代表ネタ、国際大会ネタがないときは野球カードでつなぎます。お許しを。

【2023WBC参戦表明のメジャーリーガー!】

f:id:wataridori73:20220818215700j:image

 

☟侍J歴代メンバー検索はコチラ☟

侍ジャパン歴代メンバー年代順リスト

 

来年3月に開催予定の第5回ワールド・ベースボール・クラシックに参加を表明するメジャーリーガーをまとめてみた。

代表チームに入るのは憧れであり、名誉であり、アスリートとして絶対的な目標である。

他競技、または日本や韓国などのアジア勢のナショナルチームでは、監督・コーチなどの首脳陣が卓を囲んで、「この子は先発も後ろも任せられます」、「彼は初対戦の相手にすぐアジャストできますよ」などと活発に意見を交換し、議論を重ねた上で選考し、招集してチームをつくるのが普通だと思われるのだが、メジャーリーガーとなると話は別である。

「俺、出るわ」

と自ら発言すれば代表に入れるのである。あの憧れのナショナルチームに入れるのである。

このシステムが、どれくらいのランクの選手まで有効なのかを是非とも知りたいところである。参戦表明しておきながら落選、なんてことになったら家族・友人に申し訳ないじゃないか。

そうなると、相当に自信がないと表明できない。つまりは表明したメジャーリーガーは、SNSなどで#team usa wbc などと検索し、自分がどれくらいメンバー予想に入っているかを調べたり、さらにはサブ垢で「センターはポキポキポールでどうよ?」などと書き込み反応をうかがい己の評価を事前に入念に確認したとろで、自信が確信に変わったところで「ぼく、出ます」と発言しているのかもしれない。

まあ、いい。

散々好き勝手に書いたが、実際にはどのようなシステムでアメリカ代表が決定しているのかはわたしは知らない。もしかすると、我々の知らない水面下で、所属球団等との様々な活動があった上での参戦表明なのかもしれない。

とりあえず以下が、現時点で参加表明しているメジャーリーガーである。色んな意味で、凄い奴らというわけだ。

この記事は、メジャーリーガーの「俺、出るわ」発言が発生するたびに更新していく所存である。新たな発言者は太字で掲載するよ。

 

 

 

 

2023WBC アメリカ代表🇺🇸

監督

マーク・デローサ

コーチ

ジェリー・マニュエル

ケン・グリフィーJr

アンディ・ペティット

投手

 

捕手

J・T・リアルミュート(PHI)

ウィル・スミス(LAD)

内野手

ピート・アロンソ(NYM)

ポール・ゴールドシュミット(STL)

トレバー・ストーリー(BOS)

ノーラン・アレナド(STL)

ティム・アンダーソン(CWS)

トレイ・ターナー(LAD)

外野手

マイク・トラウト(LAA)

ブライス・ハーパー(PHI)

セドリク・ムリンス(BAL)

ムーキー・ベッツ(LAD)

カイル・タッカー(HOU)

 

 

2023WBC ドミニカ共和国代表🇩🇴 

監督

投手

サンディ・アルカンタラ(MIA)

エマヌエル・クラセ(CLE)

捕手

内野手

ブラディミール・ゲレーロJr(TOR)

マニー・マチャド(SD)

ラファエル・デバース(BOS)

外野手

フアン・ソト(SD)

 

 

2023WBC ベネズエラ代表🇻🇪

監督

オマー・ロペス(HOU)

投手

捕手

内野手

ホセ・アルトゥーベ(HOU)

外野手

 

 

2023WBC プエルトリコ代表🇵🇷

監督

投手

マーカス・ストローマン(CHC)

エドウイン・ディアス(NYM)

捕手

内野手

カルロス・コレア(MIN)

ハビアー・バエズ(DET)

外野手

 

 

☟侍J歴代メンバー検索はコチラから☟

侍ジャパン歴代メンバー 年代順リスト