侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームなどに関する二、三の事柄。日本代表ネタ、国際大会ネタがないときは野球カードでつなぎます。お許しを。

【2023WBC1次ラウンドの組み合わせが決定!】

f:id:wataridori73:20220708074219j:image

来年2023年3月に開催される第5回ワールド・ベースボール・クラシックの1次ラウンド組み合わせが決定した。

WBCの1次ラウンド組み合わせは抽選などではなく、主催者であるWBCIが決定している。

 

前大会の第4回までは出場国16ヶ国で、1次ラウンドの各プールに4チーム、その上位2チームが2次ラウンドに進出し、そこから4チームが決勝ラウンドに進出していた。

来春開催の第5回からは出場国は20ヶ国に増え、1次ラウンドの各プールに5チームが出場することになる。前大会に出場した16チームは予選免除となり、今回4つのプールに振り分けられたが、各プールの残る1チームが予選で決定する。

 

 

 

プールA(台湾・台中)

3月8日〜13日

台湾

オランダ

キューバ

イタリア

予選突破国

 

プールB(日本・東京)

3月9日〜13日

日本

韓国

オーストラリア

中国

予選突破国

 

プールC(アメリカ・アリゾナ)

3月11日〜15日

アメリカ

メキシコ

コロンビア

カナダ

予選突破国

 

プールD(アメリカ・マイアミ)

3月11日〜15日

ドミニカ共和国

ベネズエラ

プエルトリコ

イスラエル

予選突破国

 

2023WBCはプールAである台中ラウンドから、来年3月8日に開幕する。プールBの東京ラウンドは9日開幕となる。

侍ジャパンが入っているプールBのヤマ場は当然のことに韓国戦となるだろう。また、韓国か、などと思う方もいるかもしれないが、WBCでの韓国との対戦は、あの伝説の2009WBC決勝以来である。プレミア12での対戦があるので、あまりそう感じないかもしれないが、実は韓国とは2大会連続で対戦していない。韓国が1次ラウンドで敗退してしまったからである。

 

1次ラウンドを通過するのは各プールの上位2チームで、2次ラウンドとなる準々決勝進出となる。

 

準々決勝(日本・東京)

3月15日〜16日

プールA上位2チーム

プールB上位2チーム

 

準々決勝(アメリカ・マイアミ)

3月17日〜18日

プールC上位2チーム

プールD上位2チーム

 

準決勝(アメリカ・マイアミ)

3月19日〜20日

 

決勝(アメリカ・マイアミ)

3月21日

 

プールDの国はずっとアメリカのマイアミで試合をする、というのはどうなのだろうか。明らかに調整しやすい気がするが、他のプールと比較すると1次ラウンド突破が困難になっている。でもプールAもけっこう厳しい組である。逆にアメリカが入っているプールCなんかは、あれ?って感じだが、まあそれがWBCである。

まだまだ発展途上の大会である。

 

 

 

2023WBC予選組み合わせ

プールA

ドイツ・レーゲンスブルク

9月16日〜21日

ドイツ

チェコ共和国

スペイン

フランス

イギリス

南アフリカ

 

プールB

パナマ・パナマシティ

9月30日〜10月5日

パナマ

ニカラグア

ブラジル

アルゼンチン

パキスタン

ニュージーランド

 

各プールの上位2チームの計4チームが、本選となる2023WBCへの出場権を獲得する。

 

 

新しくなった大会ロゴ。
f:id:wataridori73:20220708082525j:image