侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームなどに関する二、三の事柄

侍ジャパンと、ユニフォームと

【2021WBC予選の出場国と日程が決定した】

f:id:wataridori73:20200119183854j:plain

2021WBC予選の組分け

f:id:wataridori73:20200129132056j:image

予選1組(3/12 - 3/17) アリゾナ州ツーソン
ニカラグア
南アフリカ共和国
フランス
ブラジル
ドイツ
パキスタン

予選2組(3/20 - 3/25) アリゾナ州ツーソン
パナマ
イギリス
ニュージーランド
チェコ
フィリピン
スペイン

 

2021WBC本選出場への予選大会の出場国と日程、組み合わせが決定した。今大会より本選出場国が16ヵ国から20ヵ国へと増え、予選の方式が変更されることになった。
前大会に出場した16ヵ国は予選免除となり、本選に進出できなかった12ヵ国が予選に出場することになる。予選大会は2グループ、6ヵ国に別れ、ダブルイリミネーション方式トーナメント戦により対戦する。各グループの上位2ヵ国、計4ヵ国が本選に進出することができる。

ダブルイリミネーション方式とは、2009WBCでも採用されたトーナメント方式で、負けたらそこで敗退となる通常のトーナメントと違い、2敗した時点で敗退となる方式である。

 

2021WBC本選出場国(WBSCランキング順)

日本
アメリカ
韓国
台湾
メキシコ
オーストラリア
オランダ
キューバ
ベネズエラ
ドミニカ共和国
プエルトリコ
カナダ
コロンビア
イタリア
イスラエル
中国

 

あらためて説明すると、WBCは昨秋に開催されたプレミア12とは違う出場方式である。プレミア12はWBSCの世界ランキング上位12ヵ国のみに出場権が与えられる大会だが、WBCは予選免除の16ヵ国と予選を勝ち抜いた4ヵ国が本選に出場できる大会である。WBCは第3回大会である2013WBCから予選大会を導入し、前大会で第1ラウンド3位までの12ヵ国が次回大会の予選を免除され、残る4つの枠を予選で争う方式であった。2021WBCは前大会出場の16ヵ国すべてが予選免除となり、増枠された4枠を予選通過国が勝ち取る方式に変更された。将来的には更に本選出場国が増えると思われる。