侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームなどに関する二、三の事柄。基本的には月曜、木曜更新です。

20200725200428

【WBSC U-18ワールドカップ2015 アメリカ代表からメジャーデビュー】

WBSC U-18ワールドカップ 2015 アメリカ代表

f:id:wataridori73:20200919082555j:image

昨日は去年のプレミア12アメリカ代表からメジャーデビューを果たした選手たちを紹介したが、今日はまたアメリカ代表、アメリカU-18代表からメジャーデビューを果たした選手たちを紹介したい。

 

まずはミッキー・モニアックである。

1998年生まれの右投げ左打ちの外野手で、フィラデルフィア・フィリーズ所属である。モニアックは17日ニューヨーク・メッツ戦で代走でメジャーデビューを果たした。ちなみに交代した選手は先日紹介した、プレミア12アメリカ代表のアレク・ボフムである。

 

次はブラクストン・ギャレットである。

1997年生まれの左投げ左打ちの投手で、マイアミ・マーリンズ所属である。ギャレットは14日のフィリーズ戦で先発しメジャーデビューを成し遂げた。5回1失点で勝利投手となった。

 

モニアックとギャレットが出場したWBSC U-18ワールドカップ2015は日本開催だったこともあり覚えているかたも多いだろう。オコエ瑠偉平沢大河森下暢仁清宮幸太郎などが侍ジャパンU-18代表に名を連ねた大会である。ギャレットはオコエや森下と同世代で、モニアックは今井達也など翌年の侍ジャパンU-18代表と同世代である。

決勝はアメリカvs日本で、モニアックは2番センターでスタメン、ギャレットは2番手で7回に登板している。優勝はアメリカ代表である。

 

一人一人がそれぞれの場所で踏ん張るんだ!でも頑張らない!怠けないこと!

そんな感じで。