侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームなどに関する二、三の事柄。基本的に週休二日制。日本代表ネタ、国際大会ネタがないときは野球カードでつなぎます。お許しを。

【U-23オーストラリア代表、U-23ワールドカップ出場権獲得】

f:id:wataridori73:20220427184243j:image

 

WBSC U-23野球ワールドカップ2022のオセアニア予選で、オーストラリアがニュージーランドに3連勝して本選出場を決めた。

オセアニア予選はオーストラリアのキャンベラで、オーストラリアとニュージーランドの3戦シリーズで行われた。オーストラリアはニュージーランドに13対3、12対1、12対0の3連勝で圧勝した。

 

本選出場を決めているのは、今のところヨーロッパ代表のドイツ、オランダとオセアニア代表のオーストラリアである。

 

残る9カ国は、

アメリカ大陸(4枠)

アジア(3枠)

アフリカ(1枠)

ワイルドカード(1枠)

 

 第4回WBSC U-23ワールドカップ2022は10月14日〜23日まで台湾の台北市で開催される。

前回の第3回WBSC U-23ワールドカップは昨年10月メキシコで行われ、ベネズエラが優勝した。侍ジャパンU-23代表は出場していない。

第1回大会は斎藤雅樹監督がチームを率いて優勝している。

主な出場選手は、安樂智大(東北楽天)、本田圭佑(埼玉西武)、田嶋大樹(JR東日本→オリックス)など。

第2回大会はトップチームの稲葉監督が兼任し、準優勝となった。

主な出場選手は種市篤暉(千葉ロッテ)、山崎颯一郎(オリックス)、周東佑京(福岡ソフトバンク)など。

今大会の出場はまだ確定していないが、ここは稲葉監督と同様にトップチームの栗山英樹監督に兼任してほしい。

アジアでは予選となるU-23アジア選手権は開催されておらず、通常のアジア選手権大会が予選代わりとなる。アジア選手権には、これまでだと侍ジャパン社会人代表が出場している。