侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームなどに関する二、三の事柄。基本的に週休二日制。日本代表ネタ、国際大会ネタがないときは野球カードでつなぎます。お許しを。

【U-23ワールドカップのアフリカ・オセアニア・アジア枠が決定】

f:id:wataridori73:20220507204209j:image

 

WBSC U-23ワールドカップは10月14日から23日まで台湾台北市で開催される。

アジア大陸枠では、予選となるアジア野球選手権大会が中止となったためWBSC世界野球ランキング1位の日本、2位の台湾、21位中国がアジアを代表して第4回WBSC U-23ワールドカップに出場することになった。韓国ではなく中国が出場することに関しては、現時点では詳細は不明である。

アフリカ大陸からは世界26位の南アフリカ、オセアニアからは世界10位のオーストラリア、ヨーロッパ大陸からは世界8位のオランダに18位のドイツが出場を決めている。

今後はアメリカ大陸(4枠)とワイルドカード枠が決定される。

 

侍ジャパンU-23代表の監督が誰になるかはまだ未定である。

昨年まで北海道日本ハムファイターズを率いた栗山監督だが、国際大会の経験不足を補うためにもU-23代表を指揮するのはいいと思うのだが。プロ・アマ問わず新戦力発掘にもなるだろう。

 

現時点でWBSC U-23ワールドカップ2022 に出場が決定している国は以下のとおりである。

 

アフリカ大陸枠

南アフリカ

オセアニア大陸枠

オーストラリア

アジア大陸枠

日本

台湾

中国

ヨーロッパ大陸枠

オランダ

ドイツ

 

侍ジャパンU-23代表のU-23ワールドカップ戦績

第1回 優勝

主な出場選手

安樂智大(東北楽天)

本田圭佑(埼玉西武)

田嶋大樹(JR東日本→オリックス)

 

第2回 準優勝

主な出場選手

種市篤暉(千葉ロッテ)

安田尚憲(千葉ロッテ)

山崎颯一郎(オリックス)

周東佑京(福岡ソフトバンク)

 

第3回 不参加