侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームに関する二、三の事柄

【WBSC U-18ワールドカップ 日本代表VSオーストラリア代表】

f:id:wataridori73:20190907071723j:plain

WBSC U-18ワールドカップ

スーパーラウンド第3戦

日本代表VSオーストラリア代表

侍ジャパンU-18代表 スタメン

1 中 森 敬斗(桐蔭学園)
2 遊 武岡 龍世(八戸学院光星)
3 一 韮沢 雄也(花咲徳栄)
4 三 石川 昂弥(東邦)
5 左 西 純矢(創志学園)
6 指 熊田 任洋(東邦)
7 右 横山 洋樹(作新学院)
8 捕 水上 桂(明石商)
9 ニ 坂下 翔馬(智辯学園)
投 浅田 将汰(有明)

 

強い風が吹いていた。
だがその強風は侍ジャパンの追い風にはならなかった。負けたのである。わかってはいたが、唐突に課題が克服されるわけもなく、守備は乱れ、打線は繋がりを欠いた。2回の4失点以降は投手陣が踏ん張ったが、追加点を取ることはできなかった。前日の敗戦を引きずったまま試合にのぞんでしまったように見えた。無念である。

なかなか書けない。

 

スーパーラウンド試合結果

韓国対アメリカ
5―8
日本対オーストラリア
12―7
カナダ対台湾

カナダ対台湾の結果を待たずして、決勝進出はおろか3位決定戦にも進めず5位に終わった侍ジャパンである。表彰台にも上がれない結果は、大谷、藤浪、森友哉らを擁する日本代表で臨んだ第25回IBAF U18世界野球選手権大会以来である。なかなかショッキングな結末だが、現実の出来事である。色々と思うところはあるが、とりあえずそれは頭を整理してから後日、書くことにしよ。

何やら大会前から大人たちの騒乱に巻き込まれてしまった今回の若き侍ジャパン、ありがとうじゃ変だろ、でも感謝はしてる。だよな?