侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームに関する二、三の事柄

【WBSC U-18ワールドカップ 日本代表VS韓国代表】


f:id:wataridori73:20190907071723j:image

WBSC U-18ワールドカップ

スーパーラウンド第2戦

日本代表VS韓国代表

侍ジャパンU-18代表 スタメン

1 中 森 敬斗(桐蔭学園)
2 遊 武岡 龍世(八戸学院光星)
3 一 韮沢 雄也(花咲徳栄)
4 三 石川 昂弥(東邦)
5 右 西 純矢(創志学園)
6 左 宮城 大弥(興南)
7 指 遠藤 成(東海大相模)
8 捕 水上 桂(明石商)
9 ニ 坂下 翔馬(智辯学園)
投 佐々木 朗希(大船渡)


スタメンは5番ライトに今大会ラッキーボーイ(死語)的存在と言える西を、6番にレフト宮城を入れ、遠藤が指名打者で復帰した。先発は佐々木朗希である。

先発佐々木は1回でアクシデントにより降板、宮城がライトに、遠藤がレフトに入り、ライト西が緊急登板となった。2回から5回まで西は韓国打線を無失点に抑える好投である。やはりラッキーボーイ(死語)である。6回まで両チームともに無失点の投手戦となったが、7回に韮沢宮城のヒットから代打熊田水上の連続タイムリーで日本が2点先制した。が、8回にサード石川の悪送球で同点に追いつかれてしまった。9回は共に得点なく延長タイブレークに突入した。

10回表、タイブレークにより侍ジャパンは無死一塁二塁でスタート。の送りバントで一死二塁三塁。武岡のタイムリーツーベースヒットで2点を返した。10回裏、韓国も同様にスタート。日本は7回から登板していた宮城に代わり、ピッチャー。バント処理でエラー、1点を失いさらに四球で満塁、池田にピッチャー交代。だが池田も三振を奪うが四球で押し出し、同点となる。最後は犠牲フライでサヨナラ負けである。

さて、今日も今大会の侍ジャパンのキーワードとも言える失策による失点である。守備の状態が急激に良くなるとは思えない。ましてや今日は崖っぷちの状況で、絶対に負けられない試合である。ここにきて守備重視のスタメンにするのか、特に入れ替えなしでいくのか、むずかしいところである。まあ今更守備重視ができるのか、というのもあるが。

スーパーラウンド試合結果

オーストラリア対台湾
0―12
カナダ対アメリカ
0―10
韓国対日本
5―4

この結果によりアメリカと台湾が3勝1敗で1位。日本、韓国、オーストラリアが2勝2敗で3位となっている。決勝進出は非常に厳しい状況となった。今日の試合で日本、韓国が勝てば日本、韓国、アメリカが3勝2敗で2位に並ぶ。この場合は当該チーム間の対戦成績により日本は3位になってしまうようだ。つまりは台湾も負ければ4チームが1位で並ぶ。そうなるとTQBにより順位が決定するが、これがオープニングラウンドの結果も持ち越されるのか、スーパーラウンドの結果のみなのかがはっきりしないため、まだよくわからない。とにかく今日のオーストラリア戦に勝たないことには話にならない。