侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームなどに関する二、三の事柄。基本的に週休二日制。日本代表ネタ、国際大会ネタがないときは野球カードでつなぎます。お許しを。

【WBC2023予選 パナマシティ・ラウンド DAY2】

f:id:wataridori73:20220928131045j:image

 

👇侍J歴代メンバー検索はコチラ👇

侍ジャパン歴代メンバー 年代順リスト

 

WBC2022 QUALIFIERS

PANAMA CITY ROUND DAY2

WBC2023出場を争う予選大会である。 

ドイツ・レーゲンスブルクと、パナマ・パナマシティで開催され、各ラウンドの上位2チームが本大会への出場権を獲得する。レーゲンスブルク・ラウンドではイギリスとチェコ共和国がWBC2023出場を決めている。

 

🇧🇷ブラジル 4 − 1 ニカラグア🇳🇮

1勝をあげているブラジルと、初戦のニカラグアの対戦である。

ブラジルは1回表に満塁のチャンスに、三塁ゴロの間に1点を先制した。

ニカラグアは3回裏に2アウトからメルビン・ノボアの本塁打で同点に追いつく。だがブラジルは5回表に2点を取り勝ち越しすと、さらに6回に1点を追加して点差を広げそのままゲームセットとなった。

ブラジルは2連勝で、予選突破に王手。ニカラグアは次戦でパキスタンと対戦。

 

 

 

 

 

🇦🇷アルゼンチン 0 − 11 パナマ🇵🇦

初戦に勝利したアルゼンチンと、ホームのパナマとの対戦。

パナマは1点リードの3回裏にホセ・ラモスの2ランホームランで追加点を奪った。さらに4回裏に2点を取り、5回表にはWBC2回出場のルーベン・テハダのタイムリーなどで6点を奪いコールド勝ちを決めた。

アルゼンチンは散発2安打の完敗だった。

アルゼンチンはニュージーランドと生き残りを賭けた勝負。パナマはブラジルとWBC2023第三の椅子を巡って対戦する。

 

予選3日目

🇵🇰パキスタン vs. ニカラグア🇳🇮

🇳🇿ニュージーランド vs. アルゼンチン🇦🇷