侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームなどに関する二、三の事柄。基本的に週休二日制。日本代表ネタ、国際大会ネタがないときは野球カードでつなぎます。お許しを。

【WBC2023予選 パナマシティ・ラウンド DAY4】

f:id:wataridori73:20220928131250j:image

 

👇侍J歴代メンバー検索はコチラ👇

侍ジャパン歴代メンバー 年代順リスト

 

WBC2022 QUALIFIERS

PANAMA CITY ROUND DAY4

WBC2023出場を争う予選大会である。 

ドイツ・レーゲンスブルクと、パナマ・パナマシティで開催され、各ラウンドの上位2チームが本大会への出場権を獲得する。

レーゲンスブルク・ラウンドではイギリスとチェコ共和国がWBC2023出場を決めている。

 

🇦🇷アルゼンチン 5 − 6 ニカラグア🇳🇮

負けたら終わりのアルゼンチンとニカラグアの対戦は大熱戦となった。

ニカラグアは2回裏にタイムリーツーベースとエラーで2点を先制。

だが4回表にアルゼンチンは四球と死球でランナーをためると、タイムリーツーベースが出て同点に追いつく。

さらにアルゼンチンは、5回表にも連打でさらに2点を追加して勝ち越した。

ところが今度は6回裏にニカラグアの打線が繋がり、3点を奪い逆転に成功。

あきらめないアルゼンチンは、7回表にホームランが飛び出し同点に追いつく。

最後はニカラグアが7回裏にニ死からタイムリーが出て、勝ち越した。

大熱戦により、アルゼンチンは予選敗退。ニカラグアは最後の枠に挑む。

 

 

 

 

🇧🇷ブラジル 0 − 4 パナマ🇵🇦

勝てばWBC2023出場が決まる大一番。

まずはパナマが4回裏にホセ・ラモスの2ランホームランで先制。さらに5回裏にアレン・コルドバのタイムリーで1点を追加。7回裏にはエドガー・ムニョスのホームランでさらに1点を追加し、点差を4点に広げた。

パナマはWBC2023出場決定!

ブラジルは打線がつながらず、完封負けを喫してしまった。最後のWBC行きの切符を賭けてニカラグアと対戦する。

 

 

 

 

予選5日目

🇳🇮ニカラグア vs ブラジル🇧🇷