侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームなどに関する二、三の事柄。基本的に週休二日制。日本代表ネタ、国際大会ネタがないときは野球カードでつなぎます。お許しを。

【ハーレムベースボールウイーク2022 3位決定戦】

f:id:wataridori73:20220716063704j:image

 

3位決定戦

🇯🇵日本 vs 🇺🇸アメリカ

侍ジャパン大学代表

1 (二) 林 琢真

2 (左) 萩尾 匡也

3 (一) 山田 健太

4 (指) 廣瀬 隆太

5 (右) 蛭間 拓哉 

6 (捕) 進藤 勇也

7 (中) 杉澤 龍

8 (三) 辻本 倫太郎

9 (遊) 友杉 篤輝

   (投) 荘司 康誠

 

アメリカ代表

1 (中) E.ブラッドフィールドJr

2 (右) D.クルーズ

3 (三) J.ゴンザレス

4 (左) W.ラングフォード

5 (二) J.ウイルソン

6 (指) B.テイラー

7 (三) Y.モラレス

8 (捕) K.ティール

9 (一) T.モーガン

 (投)H.エリオット

 

🇯🇵日本 1−5 🇺🇸アメリカ

初回、トップバッター林琢真(駒澤大)が死球で出塁するが、左腕エリオットの牽制によってチャンスを逸する。

2回表には、前回のオープニングラウンドでのアメリカ戦での登板で4回をゼロに抑えた荘司康誠(立教大)が、死球でピンチをつくり、7番モラレスに先制の二塁打を打たれた。

早めの継投で曽谷龍平(白鷗大)に代わったが、四球でピンチを広げて、ボークで1点を失ってしまった。 

3回からは投打二刀流の矢澤宏太(日本体育大)が登板するが、5番ウィルソンと7番モラレスにふたたびタイムリーを打たれて3失点。

3回裏には日本も無死満塁のチャンスを作るが、萩尾匡也(慶應義塾大)による犠牲フライの1点のみに終わってしまった。

4回以降はアメリカ打線を抑えていくが、日本打線もアメリカ投手陣に抑えられ追加点を奪うことができずにゲームセットとなった。

 

オープニングラウンドを全勝で終えながら4位という結果の侍ジャパン大学代表である。ノーヒットノーランで迎えた準決勝最終回2死からの逆転負けが響いたのだろうか。大会では抜群の安定感だった投手陣が、最後に崩れてしまった。

 

侍ジャパン大学代表は、8月31日の侍ジャパンU-18代表壮行試合 U-18代表 対 大学代表(ZOZOマリンスタジアム)で高校代表と対戦する。