侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームなどに関する二、三の事柄。基本的に週休二日制。日本代表ネタ、国際大会ネタがないときは野球カードでつなぎます。お許しを。

【侍ジャパン 各歴代リストページ 一覧】

こちらから、このブログ内の侍ジャパン歴代記事の各年代順リストページへ移動することができます。

【1980年 第9回日米大学野球選手権大会】

安定の内野陣。

【1979年 第8回日米大学野球選手権大会】

内野陣、全選手がプロ入り。

【1978年 第7回日米大学野球選手権大会】

大会最高殊勲選手はオトマツこと松沼雅之。

【1977年 第6回日米大学野球選手権大会】

石毛宏典と原辰徳の三遊間?

【1976年 第5回日米大学野球選手権大会】

単純に、すごいメンバー。

【1975年 第4回日米大学野球選手権大会】

江川卓、斉藤明雄、田尾安志、袴田英利、中畑清などがいる、燃ゆる代表チーム。

【1974年 第3回日米大学野球選手権大会】

投手・田尾安志ふたたび。

【1973年 第2回日米大学野球選手権大会】

投手・田尾安志。

【侍ジャパン大学代表 歴代メンバー年代順リスト】

1972年以降の侍ジャパン大学代表歴代メンバーの年代順リストです。

【1972年 第1回日米大学野球選手権大会】

記念すべき第1回日米大学野球。

【2019年 FIBT-YOSHIDA CHALLENGE】

フランスの野球界に、代表監督として多大な貢献をしたムッシュ吉田の名を冠した大会である。