侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームなどに関する二、三の事柄

侍ジャパンと、ユニフォームと

「週刊ベースボール」日本代表特集号(2)

まったく未知数の国際大会だが、「週刊ベースボール」が盛り上げないで他に誰がやるんだ、という気概を感じた。

「週刊ベースボール」日本代表特集号(1)

この頃は4年に一度だけの日本代表特集であった。まあそうだよね。

【侍ジャパンの歴史・記憶 1934日米野球】

懸河のドロップ、カッコいいよね。大きいカーブはふたたびドロップと呼ぼう運動実施中。

【WBSC U-23ワールドカップの日程が変更となった】

U-23ワールドカップのアジア予選というのはない。アジア選手権の結果で出場国が決まるのだ。出場を決めてくれたのは侍ジャパン社会人代表チームである。

【侍ジャパン 歴代ユニフォーム1934日米野球】

野球殿堂博物館に行って思ったのだが、この時代の帽子は残ってないの?展示されてなかったな。

【侍ジャパンの歴史・記憶 1931日米野球】

日米ともに代表チームのユニフォームでやればもっと楽しいのになあ、なんて。

【侍ジャパン 歴代ユニフォーム1931日米野球】

元祖・侍ジャパンはロス五輪日本代表って言ってなかった?言ったね。でもやっぱりこの時代を見過ごすことはできないよ。

【侍ジャパンの歴史・記憶 極東選手権競技大会】フィリピンが野球強豪国だった時代。

侍ジャパンの歴史やユニフォームに関する記事が現在に追いつきそうなので、思い切って遡ってみたんだよ。

【侍ジャパンの歴史・記憶 13WBC後篇】天国への階段を昇ったら、地獄への扉を開いてた。

行けたら、行け、責任はわたしが取る。と言われてもいつも大した責任ではない。グリーンライト万歳!

【埼玉西武ライオンズのワッペンを貼りつけてオンリーワンのバッグをつくってみる】

以前にEテレでやってた「ソーイングビー」というイギリスの番組が好きでよく見てた。裁縫なんてできないけどね。

【BFA U-18アジア選手権の開催が確定した】

スポーツが当たり前だった頃。遠い昔のように思えてきた。