侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームに関する二、三の事柄

【侍ジャパン 歴代ユニフォーム 04アテネ五輪その2】

2004年はアテネ五輪だけでなく、近鉄とオリックスの合併に端を発した、プロ野球界初のストライキも行われた。この騒動のなかで当時の中日ドラゴンズ監督・落合博満は、なかなか男前なことを言っている。

【ハーレムベースボールウィークとは】

若い世代の出場を前提とした、このような規模の国際大会がもっと増えればいいと思うのだが。日本もU-15代表のアジアチャレンジマッチとか、もう少し大きな大会にすればいいのに。

【東京五輪世界最終予選にオーストラリアが出場決定】

君と別れて僕は石ころになって、蹴っ飛ばされて、転がって疲れた。出会えた喜びはいつも一瞬なのに、どうして別れの悲しみは永遠なの。なんて口ずさみます。

【侍ジャパン大学代表候補・五十幡亮汰という男】

消えた天才?消えてねえよ。という男。まあ陸上界からは消えたかもしれないが。野球を選んでくれてありがとう。

【侍ジャパンの歴史・記憶 96アトランタ五輪】

だから野球日本代表、いわば侍ジャパンの今は昔。過去の思い出。美しい思い出。麗しき野球オリンピック史第1章完結編。

【侍ジャパン 歴代ユニフォーム 04アテネ五輪その1】

アテネ五輪といえば、世間では長嶋ジャパンではなく、栄光への架け橋とか、チョー気持ちいいとか。だとか。

【侍ジャパンの歴史・記憶 92バルセロナ五輪】

今回は野球日本代表、それって侍ジャパン?の過去バナ。今まで生きてきた中で一番幸せです、が飛び出たね。

【侍ジャパン ドキュメンタリー映画公開】

こういう作品は、とにかく製作サイドのセンスが問われるので。うわっ!っていう出来でも侍たちを責めてはいけない。

【侍ジャパンの歴史・記憶 88ソウル五輪】

今回も過去の野球日本代表、ようは侍ジャパンの昔話。野茂や古田や渡辺智や潮崎や野村たちの昔話。でもやっぱバサロ泳法!

【侍ジャパン 歴代ユニフォーム 03アジア選手権その4】

侍ジャパンのエースに必要なのはグルーヴ感だ。松坂大輔のピッチングにはグルーヴ感があった。俺たちは眩しさの向こうに不確定な明日を見ていた。