侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームなどに関する二、三の事柄

侍ジャパンと、ユニフォームと

【侍ジャパン 歴代ユニフォーム13WBCその2】

ワールド・ベースボール・クラシックという大会が、まだまだ始まったばかりの大会であることをこの大会で再認識した。色々と迷走しているのだ。未だに。

【侍ジャパン 歴代ユニフォーム 13WBCその1】

山本浩二監督。申し訳ないのだが不安しかなかった。なぜか監督経験のない小久保や稲葉が就任したときより不安だった。

【侍ジャパンの歴史・記憶 09WBC後篇】日韓三年戦争最終局面!

今までで一番、東京ラウンドのチケットを買うのが大変だったWBC。それはどういうことかというと、まあ、そういうことだ。

【侍ジャパンの歴史・記憶 09WBC前篇】WBCは北京のリベンジの場ではないと、イチローは言った。

侍ジャパンの宮崎合宿の時点で異常な熱量を帯びていた。今、こんなエネルギーを野球ファンと共有できるプレイヤーはいるだろうか?今こそ必要なのだが。

【侍ジャパンの歴代エースナンバー18番列伝!】

潔く延期を受け入れ、2023WBCの侍ジャパン予想でもしよう。今度。

【2021WBCは2023年に開催延期か?】

WBC

哀しい。わかってはいたけど、やっぱ哀しい。

【ESPNが選出した東京五輪アメリカ代表!】

新型コロナ感染拡大により開催中止か、もしくは史上最高の大会になるかという東京オリンピック。空想は愉しい。

【侍ジャパン 歴代キャップ09WBCその2】

いつか誰もが花を愛し歌を歌い返事ではない言葉を喋りだすのなら、という日々がまたやってくるのだろうか?

【侍ジャパン 歴代キャップ09WBCその1】

毎日仕事の黄金週間。わたしもSTAY HOMEしたいわ。

【「週刊ベースボール」がユニフォーム特集!】

「週ベ」だけでなく、スポーツ雑誌は大変だ。ネタがね。

【侍ジャパン 歴代ユニフォーム09WBCその3】

お前さんたち、栗原を呼べ、第1回に負けじと第2回も数々の名言が飛び出たよ。