侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームに関する二、三の事柄

【世界野球プレミア12 ORグループB DAY1】

世界野球プレミア12。台湾で開幕したオープニングラウンド・グループBの1日目である。

グループB

日本vsベネズエラ
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
VEN 0 0 0 1 0 3 0 0 0 4
JPN 0 0 0 0 2 0 0 6 X 8

(日)山口、山岡、大竹、中川、甲斐野、山崎ー小林、會澤、甲斐

1 SS 坂本勇人
2 2B 菊池涼介
3 LF 近藤健介
4 RF 鈴木誠也
5 DH 吉田正尚
6 1B 浅村栄斗
7 CF 丸佳浩
8 3B 松田宣浩
9 C 小林誠司
P 山口俊

ヒット一本がここまで遠いとはね。4回裏に浅村が打ってくれたが、とてつもなく長く感じたものさ。結局侍ジャパンはベネズエラ先発ドゥブロンを攻略できずに終わったが、投手交代で流れが変わったのである。山口は悪くはなかったが、4回にゲッツー崩れで先制点を許した。毎回ランナーを背負うピッチングでリズムが悪かったのだが、交代した山岡が三者凡退に抑えて流れが日本にきた。さらにベネズエラも胸毛がセクシーなソティリェットに投手交代。ここでようやく打線がつながった。というかベネズエラのミスに乗ることができた。世界の小林が四球、坂本がエラーで出塁すると菊池の同点タイムリーツーベース。さらに鈴木の勝ち越しタイムリー。見事に逆転である。
だが6回に不運な三塁ゴロでまた流れがベネズエラに傾いてしまった。山岡、大竹、中川と刻んでいくが元ヤクルトのリベロに同点タイムリーを打たれ、さらに2点を失い逆転されてしまう。プレミア12でのベネズエラ戦はドキドキするぜ。
ドキドキハラハラのまま8回。ここでルーキー甲斐野が再び日本に流れを引き寄せる。ナイスピである。ベネズエラはエスコバーの制球が乱れ、ノーヒットで押し出しによる1点。つづく菊池のタイムリーで1点。さらにまた押し出しで1点。4番鈴木は犠牲フライ。源田の内野安打でまた1点。最後は丸の押し出し。ヒット2本で6点である。ベネズエラの自滅に救われた感もあるわけだが、とにかく大事な初戦を取れたのは大きいよね。
ハイライトは8回満塁、坂本の打席でまさかの代打・山田哲人だろう。初球をフルスイングであわやホームランか、という打球。惜しくもファウルだったが、これでベネズエラは厳しいところを攻めざるをえなくなった。この山田のフルスイングが連続押し出しを呼び込んだといえる。
最後は山崎がビシッと3人で抑えた。
国際大会の初戦を勝つのは大変である、ということがよくわかった試合。夏のU-18ワールドカップでも、初戦のスペイン戦、完全に格下のスペインに苦戦していた。課題は多い。でもいきなり盛り上がってしまった。侍ジャパンの試合は楽しい。やはり強化試合とは違う。

f:id:wataridori73:20191105232100j:plain
https://premier12.wbsc.org/ja/2019


台湾vsプエルトリコ
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
PRI 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1
TWN 2 0 0 0 3 1 0 0 0 6

1回に台湾リーグ首位打者のリン・リーの2ランホームランで台湾が2点を先制する。さらに5回にエラー、犠牲フライで3点追加。予想どおり地元開催の台湾が5点差で勝ったが、打ち勝ったというよりはプエルトリコの守備の乱れが目立った試合であった。

f:id:wataridori73:20191105232113j:plain
https://premier12.wbsc.org/ja/2019