侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームに関する二、三の事柄

【世界野球プレミア12 ORグループB DAY2】

世界野球プレミア12。台湾で展開中のオープニングラウンド・グループBの2日目である。楽しい日々がつづいている。

グループB

日本vsプエルトリコ
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
PRI 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
JPN 0 0 4 0 0 0 0 0 X 4

(日)高橋礼、嘉弥真、大竹、山本、山崎ー甲斐
【本】鈴木

スタメン

1 1B 山田哲人
2 2B 菊池涼介
3 LF 近藤健介
4 RF 鈴木誠也
5 DH 浅村栄斗
6 SS 坂本勇人
7 CF 丸佳浩
8 C 甲斐拓也
9 3B 松田宣浩
P 高橋礼

プロ選手の国際大会出場解禁前、アマチュアが日の丸を背負ってた時代、日本代表にはアンダースロー枠という枠があった、という話をかつて雑誌のインタビューで渡辺俊介が語っていた。その枠はプロ選手が日本代表に選出されるようになってからも、侍ジャパンとなってからも受け継がれている。渡辺俊介牧田和久→そしてプエルトリコ戦先発の高橋礼である。失禁レベルの美しい系譜である。
で、高橋礼、最高のピッチングでした!国際大会で完全試合を達成してしまうのか、などと気の早い五郎は4回あたりで思ったりしたのだが、とにかくテンポのいいピッチングで6回を1安打無失点である。18アウトのうち内野ゴロが14個。ほとんどボールが外野に飛ぶこともなかった。
打線は3回裏に近藤の内野安打で1点を先制すると、出ました、4番鈴木に待望のホームランで3点を追加である。得点はこの回のみだが、やはり投手を中心に守り勝つのが侍ジャパンだろう。初登板の山本もナイスピであった。昨日につづき9回は山崎が締めた。でも外崎の出番はなかった。俺は明日のことなど知らなかった。俺は「SEPARATE WAYS」を聴くしかなかった。

f:id:wataridori73:20191107094628j:plain
https://premier12.wbsc.org/ja/2019

headlines.yahoo.co.jp


ベネズエラvs台湾

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
TWN 0 0 0 0 0 0 2 0 1 3
VEN 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

台湾の先発はオリックスの張 奕。7回無失点のナイスピである。乱打戦になるかと思っていたが予想外にも投手戦であった。6回まで両チームともに無得点だったが、7回に遂に台湾が連続タイムリーツーベースで2点を先制する。ベネズエラはチャンスであと一本が出なかった。

f:id:wataridori73:20191107095020j:plain
https://premier12.wbsc.org/ja/2019

日本、台湾が2連勝でスーパーラウンド進出決定である。ベネズエラプエルトリコらカリブ勢は敗退となった。グループAでもドミニカは敗退。グループCではキューバが初戦を落として劣勢である。メジャーリーガー不参戦の大会だからこそカリブ勢に頑張ってほしかった。