侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームなどに関する二、三の事柄

20200119000511

【侍ジャパン歴代キャップ アテネ五輪その2】

2004アテネ五輪

さて、年末である。でも五郎は仕事である。五郎に年末年始の休みはない。ハードボイルドな日々である。タフでなければ生きて行けない。優しくなれなければ生きている資格がない。である。関係ないけどね。

というわけでアテネ五輪のときの侍ジャパン、というか長嶋ジャパンのレプリカキャップ。景品である。ビールを買ったら当たる、かもしれないやつである。五郎はアルコールは飲めないので、ビールを買って当てたわけではない。当たった人にもらったのである。ほほほ。

でもアテネ五輪ではなくて前年の五輪予選でもあるアジア野球選手権のときかもしれない。なぜならその大会はアサヒビールチャレンジと冠がついていたからである。

 


f:id:wataridori73:20191015144545j:image

あっちゃあ、というほど悪いクオリティーではない。よくもないが、悪くもない。景品としては妥当な出来なのであった。

 


f:id:wataridori73:20191015144520j:image

浅めのシルエットで、見た目は悪くない。ただ質感がとても安っぽいの。

 


f:id:wataridori73:20191015144554j:image

左サイドにスーパードライ!これさえなければ、などと言ってはいけない。景品であることの証はやはり必要だ。

なんなら寝ないで2倍生きてみる
でもわかってる、すべての時間
君を愛するため、愛は時間、しかも延べの時間
ぼくは色々考えながらゆっくりやるよ

そんな感じで。