侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームに関する二、三の事柄

【世界野球プレミア12 SR DAY4】

世界野球プレミア12。日本で始まったスーパーラウンドの4日目である。

スーパーラウンド

アメリカvs台湾
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
TWN 0 0 1 0 0 1 0 0 0 2
USA 1 0 0 0 0 0 2 0 0 3

台湾は痛恨の逆転負けである。初回にアメリカに先制されるも3回表に同点に追いつくと、6回表には胡金龍のソロホームランで勝ち越した台湾。だが7回裏にロッカーに逆転2ランホームランを浴びてしまった。台湾先発の吳昇峰はアマチュアから選出されたベテランピッチャーで、7回途中までアメリカ打線を1点に抑える好投を見せていたが、1発に泣いた。
アメリカは1本のホームランで、東京五輪出場権獲得の望みを繋いだ。一方の台湾は決勝進出の可能性が消滅して、プレミア12での東京五輪出場権獲得はならなかった。

f:id:wataridori73:20191116003145j:plain
https://premier12.wbsc.org/ja/2019


韓国vsメキシコ
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
MEX 0 0 0 0 2 1 0 0 0 3
KOR 0 0 0 0 7 0 0 0 X 7

大会の大一番となる試合になった。韓国の先発はアンダースローの朴鐘勲、メキシコはバレーダ。4回まで互いに得点なく進むが5回表、メキシコは今大会絶好調の1番ジョーンズの2ランホームランで先制する。しかし直後の5回裏に韓国は閔炳憲のタイムリーなど、怒涛の攻撃で7点を奪い逆転する。メキシコは6回に1点を返すが4点差をひっくり返すことはできなかった。
この結果により決勝進出は日本と韓国に決まった。3位決定戦はメキシコとアメリカが対戦することになった。また、韓国の東京五輪出場も決定した。

f:id:wataridori73:20191116003204j:plain
https://premier12.wbsc.org/ja/2019