侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームなどに関する二、三の事柄

20200725200428

【侍ジャパン 歴代ユニフォーム06WBCその3】

2006WBC

アロー。遂にプロ野球はキャンプイン。したらシーズンが開幕して、して、してると東京オリンピックで、で、シーズンが終わってまたいつものとおりに日々が過ぎて、キャンプインして、して2021WBCなわけである。次回から本大会への出場枠が16ヶ国から20ヶ国に増えるのである。参加20ヶ国はラグビーのワールドカップと同じなので、5チームずつの4グループにわけて1次リーグをやるのではないか。ふむ。それより前に東京オリンピックなわけだが。

 


f:id:wataridori73:20200112222421j:image

2006WBCのビジター用ユニフォームである。WBC用ユニではこのビジターユニが一番好きなのである。

 


f:id:wataridori73:20200112222434j:image

ユニフォーム技術の進化は当然のことに日本代表のユニフォームにまで到着していて、進化とはたいていは軽量化で、真っ先に見直しを図られるのがこの胸のチームレターである。実に重厚感のある刺繍された「JAPAN」だが、次回の2009WBCのユニフォームではペラペラの印刷になってしまうのだ。今ではどのチームのユニフォームも印刷、プリントになっているが、変革当時は衝撃的であった。というか、嘆かわしいことである。重厚さの欠片もない。

 


f:id:wataridori73:20200112222456j:image

51である。エリア51。

 


f:id:wataridori73:20200112222510j:image

右袖に日の丸はホーム用と同じである。

 


f:id:wataridori73:20200112222526j:image

左袖にはミズノのマーク。さりげない主張である。表には出さずに袖にそっとである。これもホーム用と同じである。日本代表のユニフォームといえば、ミズノである。

今は違うけど。

 


f:id:wataridori73:20200112222538j:image

ミズノプロのタグ。すなわちプロコレ、オーセンティックのユニフォームである。2006年の51番ということである。

 


f:id:wataridori73:20200112222549j:image

WBCの大会ロゴマーク。これも刺繍で美しい。

 


f:id:wataridori73:20200112222559j:image

イチローである。王監督につづきイチローのユニフォームを買ったのであった。どちらも自分には縁がないと思っていたが、WBCという大会のおかげで買うことができた。やっぴー。

2006WBCのビジターユニフォームはレプリカは販売されず、このプロコレは大会終了後に受注生産で販売されたのである。

 


f:id:wataridori73:20200131004441j:image

参考までに、でお馴染みの実使用ユニフォーム。レジェンド王貞治のユニ。

幸せな日々はそのときはわからずに
いつかふと、若さをなくしたことに気づくんだよ

そんな感じで。