侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームに関する二、三の事柄

【侍ジャパン 歴代ユニフォーム 04アテネ五輪その1】

2004アテネ五輪

アロー。侍ジャパン、すなわち日本代表のレプリカユニフォームである。このブログのメインストリームである。予選である2003年アジア選手権のユニフォーム紹介がようやく終わり、本選であるアテネ五輪編に突入する。といってもアテネ五輪編はすぐに終わるし、予選のユニとデザイン上の違いはない。レプリカにおいては。なので新鮮味はない。

そして14年ぶりに帰ってくる。埼玉西武ライオンズに帰ってくる。あの男が帰ってくるの。

 

f:id:wataridori73:20191015144201j:image

このレプリカユニフォームをアジア選手権のものとしようが、アテネ五輪のものとしようがどうにでもなる。なぜならこの方はどちらにも出場しているからだ。

 


f:id:wataridori73:20191015144214j:image

使用期間が長かったせいか、やはりこのJAPANマークが一番しっくり。

 


f:id:wataridori73:20191015144225j:image

18である。最近はどうでもいい奴が日本代表の、侍ジャパンの18番を気軽に背負いやがる。冗談じゃない。ジャパンの18番はもっと重いはずだ。逃げ出したくなるくらいに。でも今は違うみたい。

 


f:id:wataridori73:20191015144237j:image

ミズノのタグ。レプリカの証。侍ジャパン、野球日本代表のユニフォームといえばミズノである。

今は違うけど。

 


f:id:wataridori73:20191015144246j:image

平成の怪物、松坂大輔である。ここで彼のユニフォームを紹介するのは何度目だろう。四度目である。もちろんまだある。

 


f:id:wataridori73:20191203132912j:image

久しぶりの参考までに。アテネ五輪の宮本のユニフォームである。長嶋ジャパンのみが着ることを許されたユニフォーム。

 

アテネ五輪には松坂大輔、上原浩治、黒田博樹、岩瀬仁紀、三浦大輔、岩隈久志、城島健司、小笠原道大、宮本慎也、高橋由伸、福留孝介、和田一浩などが選ばれていたんだよ。

 

ノードラッグ・ノーアルコールで爆発するんだよ。夢を見る前に現実を見るんだよ。

 

そんな感じで。