侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームに関する二、三の事柄

【WBSC U-18ワールドカップ 日本代表VSパナマ代表】

f:id:wataridori73:20190907071723j:plain

WBSC U-18ワールドカップ

オープニングラウンド第5戦

日本代表VSパナマ代表

侍ジャパンU-18代表 スタメン

1 中 森 敬斗(桐蔭学園)
2 遊 武岡 龍世(八戸学院光星)
3 一 韮沢 雄也(花咲徳栄)
4 三 石川 昂弥(東邦)
5 左 遠藤 成(東海大相模)
6 指 熊田 任洋(東邦)
7 右 横山 陽樹(作新学院)
8 捕 水上 桂(明石商)
9 ニ 坂下 翔馬(智辯学園)
投 西 純矢(創志学園)


打順の入れ替えはいつものように下位のみだが、ポジションを変えてきた。武岡をショートにまわし、石川をサード、熊田をDHに変更した。台湾戦での守備の乱れからだろう。
ピッチャーは西である。中継ぎで好投していたが、今大会は初先発である。
先制はパナマ。2回表にまたしても守備の乱れからの失点である。だが、その裏に日本はすぐに横山の犠牲フライで同点に追いつく。3回、4回は両チームともランナーは出すが得点には結びつかなかった。
5回裏、侍ジャパンはのスリーベース、韮沢のフォアボールで塁を埋めところで、4番石川の3ランホームランが飛び出した。パナマのピッチャー交代の直後である。6回裏にも水上のソロホームランが出て1点を追加。悪天候のため、前日につづきそのままコールドゲームとなった。今回は日本の勝ちである。

西はパナマ代表を6回4安打1失点7奪三振の好投を見せた。アメリカ戦から3連投だが、パナマ戦では96球を投げた。なかなかの安定感である。

とにかく課題は左腕攻略と守備だろう。今日も先発左腕を打ち崩せず、エラーからの失点である。結果は勝利となったが、台湾戦と同じ欠点を露呈してしまった。初対戦であり、外国人特有のクセのあるボールなど、得点があまり期待できないのが国際大会である。だからこそ不用意な失点は避けなければいけない。まずは守備を固めることから始めなければならないはずだ。さて、どうしたものか。とりあえずはスーパーラウンド進出なのだが。


f:id:wataridori73:20190903223340j:image
アメリカのショート同様に、今日はパナマのセカンドの守備が美しかった。とにかくスローイングが美しいのだ。惚れ惚れしてしまった。というか、パナマ代表のやんちゃ感がすごい。日本代表が優等生軍団に見えてくるのだ。特に先発左腕のブラウン。いいです。ただ、パナマ代表というチームはかなり粗削りで未成熟な印象である。石川の3ランの直後は明らかにプレーが緩慢になった。だが個人的には嫌いではない。ムラのあるチームは嫌いになれないのだ。