侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームに関する二、三の事柄

【WBSC U-18ワールドカップ日本代表VS台湾代表】

f:id:wataridori73:20190907071723j:plain

WBSC U-18ワールドカップ

オープニングラウンド第4戦

日本代表VS台湾代表

侍ジャパンU-18代表 スタメン

1 中 森 敬斗(桐蔭学園)
2 三 武岡 龍世(八戸学院光星)
3 一 韮沢 雄也(花咲徳栄)
4 指 石川 昂弥(東邦)
5 左 遠藤 成(東海大相模)
6 遊 熊田 任洋(東邦)
7 ニ 坂下 翔馬(智辯学園)
8 右 横山 陽樹(作新学院)
9 捕 山瀬 慎之介(星稜)

      投 宮城 大弥(興南)


1対3の雨天コールドである。侍ジャパンU-18代表は負けたのである。
第2戦以降、1番から6番は不動のメンバーである。先発は高校生ナンバー1左腕の宮城で、前日のアメリカ戦では9回に登板し3連続三振の好投だった。
侍ジャパンは1回、四球で出塁した2番武岡がニ盗、4番石川のタイムリーで1点先制した。先発の宮城は1回2回と無難に抑えたが、3回に1死1、3塁からダブルスチールからの本盗を決められ同点に追いつかれる。さらに5回にはエラーがつづいて1死2、3塁からタイムリーを浴びて勝ち越された。その後雨が強くなり試合は中断、そのまま雨天コールドとなった。
台湾の先発左腕王彦程をまたしても攻略できなかったというわけだ。王は昨年のBFA U-18アジア選手権において敗れた投手である。韓国、台湾では侍ジャパンは左腕に弱い、というのが定説になっているらしい。その定説を証明してしまったかのような敗戦である。石川の2安打のみに抑え込まれた。守備でもミスが多く、失点につながってしまっている。
天候が悪く不運もあったが、やはり守備のミスが目立つ。数字以上にミスをしている印象だ。内野でも外野でも、本職ではないポジションについている選手の多さは大会前から懸念されていたが、結果として不安は的中してしまっている。打線も左打者偏重である。とはいえここで、大会中にメンバー選考のことをあらためて蒸し返しても意味がない。それは大会終了後に議論すればいいことであって、今は現戦力で今後いかに戦っていくかを考えるべきである。当たり前だが。
スーパーラウンド進出は持ち越しとなったが、とりあえずここは切り替えて明日のパナマ戦に全力投球である。