侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームなどに関する二、三の事柄。基本的に週休二日制。日本代表ネタ、国際大会ネタがないときは野球カードでつなぎます。お許しを。

【オーストラリア代表 歴代WBCメンバー】

f:id:wataridori73:20221121095146j:image

 

🔽侍Jの歴代メンバー検索はコチラ

侍ジャパン歴代メンバー 年代順リスト

 

🔽侍Jの歴代WBCメンバーはコチラ

侍ジャパン歴代WBCメンバー

 

 

      🔽Contents🔽

 

2006WBC オーストラリア代表

大会成績 1次ラウンド敗退

監督

ジョン・ディーブル

投手

アダム・ブライト(11 コロラドR傘下 🇺🇸)

マシュー・ゲイアン(13 クイーンズランド 🇦🇺)

ポール・ミルドレン(15 フロリダM傘下 🇺🇸)

リッチ・トンプソン(19 ロサンゼルスA傘下 🇺🇸)

フィル・ブラシントン(21 パースH 🇦🇺)

ジョン・スティーブンス(24 ボルチモアO傘 🇺🇸)

ダミアン・モス(27 アトランタB傘下 🇺🇸)

トリスタン・クロフォード(30 ミネソタT傘 🇺🇸)

クレイグ・アンダーソン(31 ボルチモアO傘 🇺🇸)

フィル・ストックマン(39 アトランタB傘下 🇺🇸)

ピーター・モイラン(42 ビクトリア 🇦🇺)

ウェイン・ラングレン(44 ブロックトンS 🇦🇺)

エイドリアン・バーンサイド(57 トロントBJ傘下 🇨🇦)

ジョシュ・ヒル(ミネソタT傘下 🇺🇸)

ライアン・ローランドスミス(シアトルM傘 🇺🇸)

捕手

デーブ・ニルソン(14 豪州・国内リーグ 🇦🇺)

マシュー・ケント(35 ボストンRS傘下 🇺🇸)

アンドリュー・グラハム(47 デトロイトT傘 🇺🇸)

マイケル・コリンズ(48 ロサンゼルスA傘下 🇺🇸)

内野手

ギャビン・フィングルソン(4 ニュー・サウスW 🇦🇺)

トレント・ダーリントン(7 ボストンRS傘下 🇺🇸)

ルーク・ヒューズ(16 ミネソタT傘下 🇺🇸)

ブレット・ロンバーグ(17 ピッツバーグP傘 🇺🇸)

グレン・ウィリアムス(18 ミネソタT傘下 🇺🇸)

ブレンダン・キングマン(22 ニュー・サウスW🇦🇺)

ジャスティン・ヒューバー(26 カンザスシティR🇺🇸)

ブラッド・ハーマン(29 フィラデルフィアF傘下 🇦🇺)

外野手

ロドニー・バン・ブイゼン(6 ニュー・サウスW 🇦🇺)

トレント・オルテン(8 ミネソタT傘下 🇺🇸)

ポール・ルトガーズ(23 チリコッセP 🇺🇸)

トム・ブライス(25 誠泰コブラス 🇹🇼)

 

 

2009WBC オーストラリア代表

大会成績 1次ラウンド敗退

投手

クレイグ・アンダーソン(7 ブロックトンR 🇺🇸)

アダム・ブライト(11 コロラドR傘下 🇺🇸)

ポール・ミルドレン(15 ピッツバーグP傘下 🇺🇸)

リッチ・トンプソン(19 ロサンゼルスA 🇺🇸)

ブレンダン・ワイズ(21 デトロイトT傘下 🇺🇸)

トラビス・ブラックリー(23 アリゾナDB傘下🇺🇸)

ブラッド・トーマス(26 ハンファE 🇰🇷)

ダミアン・モス(28 コロラドR傘下 🇺🇸)

リアム・ヘンドリックス(ミネソタT傘下 🇺🇸)

トリスタン・クロフォード(31 グランド・プレイリーH 🇺🇸)

クリス・オクスプリング(35 LGツインズ 🇰🇷)

ジョシュ・ヒル(38 ピッツバーグP傘下 🇺🇸)

ドリュー・ネイラー(40 フィラデルフィアF傘下 🇺🇸)

デビッド・ウェルチ(45 ミルウォーキーB傘下 🇺🇸)

捕手

アンドリュー・グラハム(9 デトロイトT傘下 🇺🇸)

ジョエル・ノートン(29 フィラデルフィアF傘下🇺🇸)

内野手

ジェイムズ・ベレスフォード(3 ミネソタT傘下🇺🇸)

ダニエル・バーグ(6 ミネソタT傘下 🇺🇸)

ブラッド・ハーマン(12 フィラデルフィアF傘下 🇺🇸)

ステファン・ウェルチ(13 ニューヨークM傘下 🇺🇸)

ジャスティン・ヒューバー(16 ミネソタT傘下 🇺🇸)

ルーク・ヒューズ(20 ミネソタT傘下 🇺🇸)

マイケル・コリンズ(25 フリー)

ベン・ライジンガー(36 フリー)

外野手

トレント・オルテン(8 アリゾナDB 🇺🇸)

クリス・スネリング(14 フリー)

ブレット・ロンバーグ(17 フリー)

ミッチ・デニング(18 ボストンRS傘下 🇺🇸)

 

 

 

 

 

2013WBC オーストラリア代表

大会成績 1次ラウンド敗退

監督

ジョン・ディーブル(24)

コーチ

フィル・デール(43)

マイケル・コリンズ(8)

トニー・ハリス(2)

グレッグ・ジェルクス(15)

グレアム・ロイド(27)

グリーン・ウィリアムズ(16)

投手

アンドリュー・ラッセル(6 アトランタB傘下 🇺🇸)

アダム・ブライト(10 メルボルンA 🇦🇺)

ライアン・ローランドスミス(18 ボストンRS傘下🇺🇸)

スティーブン・ケント(25 キャンベラC 🇦🇺)

ブレンダン・ワイズ(28 パースH 🇦🇺)

ワーウィック・サーポルト(30 デトロイトT傘下 🇺🇸)

シェイン・リンゼイ(32 メルボルンA 🇦🇺)

ライアン・サール(33 シカゴC傘下 🇺🇸)

クリス・オクスプリング(35 シドニーBS 🇦🇺)

ブラッド・トーマス(36 兄弟E 🇹🇼)

ドゥシャン・ルジック(38 アデレードB 🇦🇺)

マシュー・ウィリアムズ(41 シドニーBS 🇦🇺)

クレイトン・タナー(44 FA)

捕手

マット・ケネリー(7 アトランタB傘下 🇺🇸)

アラン・デサンミゲル(11 ボルチモアO傘下 🇺🇸)

内野手

マイク・ウォーカー(3 ミルウォーキーB傘下 🇺🇸)

ジョシュ・デービーズ(4 メルボルンA 🇦🇺)

ジェイムズ・ベレスフォード(9 ミネソタT傘下 🇺🇸)

ブラッド・ハーマン(12 メルボルンA 🇦🇺)

ルーク・ヒューズ(20 パースH 🇦🇺)

ステファン・ウェルチ(22 ピッツバーグP傘下 🇺🇸)

ジャスティン・ヒューバー(26 メルボルンA 🇦🇺)

外野手

コーリー・アダムソン(5 サンディエゴP傘下 🇺🇸) 

クリス・スネリング(14 シドニーBS 🇦🇺)

ミッチ・デニング(17 シドニーBS 🇦🇺)

ジョシュア・ロバーツ(19 ブリスベンB 🇦🇺)

ティム・ケネリー(23 フィラデルフィアF傘下 🇺🇸)デビッド・カンディラス(34 コロラドR傘下 🇺🇸)

 

 

2017WBC オーストラリア代表

大会成績 1次ラウンド敗退

監督

ジョン・ディーブル(ロサンゼルスD)

コーチ

トニー・ハリス

マイケル・コリンズ(キャンベラC)

クレイグ・シップリー

グレアム・ロイド

フィリップ・デイル

ケビン・ジョーダン

アンドリュー・グラハム

投手

ティム・アサートン(37 キャンベラC)

トム・ベイリー(49 パースH)

トラビス・ブラックリー(54 デトロイトT傘下)

ジョン・ケネディ(50 アトランタB傘下)

スティーブン・ケント(25 アトランタB傘下)

ピーター・モイラン(47 カンザスシティR傘下)

ライアン・ローランドスミス(18 ブリスベンB)

ドゥシャン・ルジック(38 メルボルンA)

ワーウィック・サーポルト(30 デトロイトT)

ライアン・サール(44 ブリスベンB)

ジョシュ・トルス(13 カンザスシティTB)

トッド・ヴァン・スティーンゼル(21 ミネソタT傘下)

ラクラン・ウェルズ(68 ミネソタT傘下)

マシュー・ウィリアムズ(19 アデレードB)

捕手

アラン・デサンミゲル(11 カンザスシティR傘下)

ロビー・パーキンス(9 コロラドR 傘下)

内野手

ジェイムズ・ベレスフォード(5 メルボルンA)トレント・デントニオ(6 シドニーBS)

ブラッド・ハーマン(12 メルボルンA)

ルーク・ヒューズ(16 パースH)

ティム・ケネリー(23 パースH)

ミッチ・ニルソン(15 ブリスベンB)

ローガン・ウェイド(4 ブリスベンB)

ステファン・ウェルチ(22 アデレードB)

外野手

ミッチ・デニング(17 アデレードB)

デビッド・キャンディラス(29 キャンベラC)

トレント・オルテン(10 ブリスベンB)

アーロン・ホワイトフィールド(48 ミネソタT傘下)