侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームなどに関する二、三の事柄。基本的には月曜、木曜更新です。

20200725200428

【侍ジャパン 歴代ユニフォーム 北京五輪その2】

2008北京五輪

コロナ疲れ?新型コロナとは関係なく毎日疲れて生きていたのでよくわからないが、とにかくみな疲れているのか。野球を見られない、バスケを見られない、ラグビーを見られない、サッカーを見られないというのは確かに辛いよね。本来ならもう開幕してるんだよなあ、とか思うとピューとすきま風が吹くね。東京五輪もいよいよ延期となりそうである。もうすぐだあ、なんて思っていたらこんなことになるとはね。延期の場合はチケットどうなるんだろ?

というわけで野球日本代表の、いや侍ジャパンの歴代ユニフォーム、レプリカユニフォームでありんす。つまりは星野ジャパンのレプリカユニフォームである。北京五輪のビジター用である。


f:id:wataridori73:20200311225754j:image

すでに何度も書いているが、このビジター用ユニフォームが最も好きなのである。特に細身のピッチャーが着ている姿はたまらない。上原浩治ダルビッシュ有はとても似合っていた。

 


f:id:wataridori73:20200311225806j:image

このマークを決定版にすればよかったのに、と以前は思っていたが、まあ今は今でプライマリーマークを固定しているので良し。

 


f:id:wataridori73:20200311225814j:image

前回のホーム用につづいて3番。16番、46番にしようかなあ、と思ったのだが結局はホーム用もビジター用も3番にしました。

 


f:id:wataridori73:20200311225823j:image

日の丸。ここに日の丸をつけることを考案した長嶋茂雄(と言われている)はやはり偉大である。

 


f:id:wataridori73:20200311225834j:image

このときの星野ジャパン06WBC、07アジア選手権同様に二遊間を西岡、川崎が守っていて中島はサブだったが、北京にて川崎が合宿で痛めた左足甲の負傷を悪化させ、中島に出番がまわってきたわけである。

 

一人一人がそれぞれの場所で踏ん張るんだ!

がんばらない!怠けないこと!

そんな感じで。