侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームに関する二、三の事柄

【侍ジャパン 歴代ユニフォーム 03アジア野球選手権その3】

03アジア野球選手権札幌大会

アロー。さて、今日も今日とて野球日本代表、すなわち侍ジャパン、ていうか長嶋ジャパンのユニフォームである。しばらくは似たようなユニフォームがつづく。このデザインはけっこう長く使用されたのでしばらくつづく。そして今欲しいのはラグビー日本代表のユニフォームだったりするのは僕がミーハーだからだ。


f:id:wataridori73:20191014184244j:image

前回のビジター用につづきミスターのユニフォームである。ミスター、すなわち長嶋茂雄のホーム用ユニである。ホーム用は松井稼頭央でやったじゃないか、というなかれ、今回はプロコレ、いわゆるオーセンティックだ。なんでこれを買ったのかは覚えてない。なんとなく記念に買ったのか。


f:id:wataridori73:20191014184255j:image

オーセンティックでも真の長嶋ジャパンのデザインとは異なる、ということは既に書いた。「J」と「A」のデザインである。本来の長嶋ジャパンのデザインユニを着ることができるのは長嶋ジャパンのメンバーだけ、というわけだ。


f:id:wataridori73:20191014184303j:image

長嶋ジャパンの長嶋監督の「3」である。


f:id:wataridori73:20191014184313j:image

オーセンティックの右袖に輝く黄金のミズノランバード。ランバードは元々ミズノのシューズブランドであり、野球はWORLD WINというブランドであった。ミズノでは野球以外にも競技によってそれぞれのブランドマークがあったのだが、ややこしいのでランバードマークに統一していくようになる。野球日本代表のユニフォームでランバードマークがついたのはこれが最初である、と思う。で、予選のアジア選手権と本選のアテネ五輪ではミズノランバードの色が異なる。予選では、本選では紺色である。


f:id:wataridori73:20191014184321j:image

ミズノプロ、すなわちオーセンティックのタグ。


f:id:wataridori73:20191014184330j:image

選手実使用のユニフォームの背襟には日の丸がついている。レプリカとオーセンティックにはついてない。


f:id:wataridori73:20191014184340j:image

長嶋茂雄監督である。今のジャパンの監督は稲葉篤紀である。なんだか隔世の感がある。

日本シリーズが終わるとWBSCプレミア12開幕なわけだが、レプリカユニはどうしようかな?と思案中である。プレミア12仕様のレプリカユニは販売されないだろうから、通常の侍ジャパンユニフォームを買うことになる。選択肢は源田、外崎、秋山。どうしようかな。

そんな感じで。

小林選手だけでなく、他の侍ジャパンメンバーのユニも選択可能なのです。↓