侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームなどに関する二、三の事柄

侍ジャパンと、ユニフォームと

【侍ジャパン U-18代表からプロ入りした選手たち 前編】

f:id:wataridori73:20191210185100j:plain

 

2009年侍ジャパンU-18代表

第8回アジアAAA野球選手権

投手
眞下貴之(東海大望洋)→横浜

白村明弘(慶應高)→慶應義塾大→北海道日本ハム

 

内野手
筒香嘉智(横浜)→横浜

 

代表18選手中3選手がプロ入り。
トップクラス召集選手→筒香嘉智
プロ入りした選手が極端に少ない年である。さらに一人はすでに引退している。この頃はAAA世界野球選手権に、すなわち現U-18ワールドカップに日本代表は選手を派遣してない時代で、アジアAAA野球選手権にだけU-18代表が出場していた。まあ、それよりもなによりも特筆すべきは代表チームのコーチに片桐幸宏が選ばれていたことだ。なぜ特筆すべきことなのかというと、片桐幸宏桜美林高校の監督だからなのであった。五郎は桜美林高卒である。でも料理研究会である。片桐幸宏は体育の教師なのであった。

 

2011年侍ジャパンU-18代表

第9回アジアAAA野球選手権

投手
原樹理(東洋大姫路高)→東洋大→東京ヤクルト

釜田佳直(金沢高)→東北楽天

歳内宏明(明聖光学院高)→阪神

松本竜也(英明高)→読売

北方悠誠(唐津商業高)→横浜DeNA

野田昇吾(鹿児島実業高)→西濃運輸→埼玉西武

 

捕手
近藤健介(横浜高)→北海道日本ハム

 

内野手
横尾俊建(日本大三高)→慶應義塾大→北海道日本ハム

高橋周平(東海大学甲府高)→中日

 

外野手
北川倫太郎(明徳義塾高)→東北楽天

 

代表18選手中10選手がプロ入り。
トップチーム召集選手→野田昇吾、近藤健介
ライオンズの野田昇吾がU-18代表に選ばれていたのは申し訳ないが意外である。さらにはトップチームにも選出されたことがある。驚きと感謝込めて、である。すでに引退した選手が2人である。今後は横尾や高橋周平に期待したい。
同世代で選出されなかった選手にはトップチーム左のエース・今永昇太、最多勝投手・多和田真三郎吉田正尚なとがいる。

 

2012年侍ジャパンU-18代表

第25回AAA世界野球選手権

投手
大谷翔平(花巻東)→北海道日本ハム

岡野祐一郎(聖光学院)→青山学院大→東芝→中日

濱田達郎(愛知工大名電)→中日

藤浪晋太郎(大阪桐蔭)→阪神

大塚尚仁(九州学院)→東北楽天

 

捕手
田村龍弘(光星学院)→千葉ロッテ

中道勝士(智辯学園)→明治大学→オリックス

森友哉(大阪桐蔭)→埼玉西武

 

内野手
北條史也(光星学院)→阪神

 

外野手
高橋大樹(龍谷大平安)→広島

 

代表20選手中10選手がプロ入り。
トップチーム召集選手→大谷翔平、藤浪晋太郎、森友哉、田村龍弘
大谷翔平の世代である。森友哉は2年生での選出である。問題はやはり藤浪晋太郎だ。トップチームに定着してほしい逸材だが、近年は低迷中である。野手のプロ入りが寂しい限りである。
同年代で選出されなかった選手には、トップチームで4番を任されている鈴木誠也、今年のセ新人王・近本光司などがいる。

 

2013年侍ジャパンU-18代表

第26回18U野球ワールドカップ

投手
松井裕樹(桐光学園)→東北楽天

山岡泰輔(瀬戸内)→東京ガス→オリックス

田口麗斗(広島新庄)→読売

高橋光成(前橋育英)→埼玉西武

安樂智大(済美)→東北楽天

 

捕手
内田靖人(常総学院)→東北楽天

若月健矢(花咲徳栄)→オリックス

森友哉(大阪桐蔭)→埼玉西武

 

内野手
園部聡(聖光学院)→オリックス

奥村展征(日本大学山形)→読売

熊谷敬宥(仙台育英)→立教大学→阪神

渡邉諒(東海大学甲府)→北海道日本ハム

 

外野手
吉田雄人(北照)→オリックス

上林誠知(仙台育英学園)→福岡ソフトバンク

 

代表20選手中14選手がプロ入り。
トップチーム召集選手→松井裕樹、山岡泰輔、田口麗斗、森友哉、上林誠知
投手陣にはトップチームに定着しそうな選手が3人いる。森友哉は侍ジャパン待望の強打の捕手だが、自身がチームファーストを明言しており、今後の選出があるのかどうかは不透明である。上林誠知は稲葉監督に見いだされてトップチームに召集されたが、今シーズンは不調に終わり、プレミア12への出場は叶わなかった。
同世代で選出されなかった選手にはトップチームの三本柱の期待が寄せられる高橋礼、神足で一部の日本国民を震撼させた周東佑京などがいる。

 

2014年侍ジャパンU-18代表

第10回BFA 18Uアジア選手権

投手
岸潤一郎(明徳義塾)→拓殖大学(中退)→徳島インディゴソックス→埼玉西武

飯塚悟史(日本文理高)→横浜DeNA

高橋光成(前橋育英高)→埼玉西武

小島和哉(浦和学院)→早稲田大→千葉ロッテ

 

捕手
栗原陵矢(春江工業高)→福岡ソフトバンク

岸田行倫(報徳学園)→大阪ガス→読売

 

内野手
岡本和真(智辯学園高)→読売

香月一也(大阪桐蔭)→千葉ロッテ

 

外野手
脇本直人(健大高崎高)→千葉ロッテ

淺間大基(横浜高)→北海道日本ハム

 

代表18選手中10選手がプロ入り。
トップチーム召集選手→岡本和真
まだまだこれからの世代である。岡本和真もトップチームに召集されているが、定着には至っていない。だが将来の侍ジャパンの4番打者への期待がかかる。投手ではやはり高橋光成だろうか。ライオンズファンの贔屓目だろうか。どうだろうか。まずは揺るぎないチームのエースになってほしいよね。異色なのは高校卒業後に拓殖大学へ進学したが度重なる肘や肩のケガで3年秋に野球部を退部し大学も中退した、岸潤一郎だ。一度は野球をあきらめたが、独立リーグの徳島インディゴソックスに誘われ、再び野球をはじめた。そして今年のドラフトで俊足で広い守備範囲を誇る野手としてライオンズに指名された。五郎はこういう選手に弱い。
同世代で選出されなかった選手には上茶谷大河、プレミア12で活躍した甲斐野央などがいる。


後編に続く。