侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームなどに関する二、三の事柄。基本的には月曜、木曜更新です。

20200725200428

【東京五輪メキシコ代表24名】

f:id:wataridori73:20210704200003j:image

 

東京オリンピックで、侍ジャパンとオープニングラウンド同組のメキシコ代表のメンバー24名が決定した。メキシコ代表のメンバー選考では、エイドリアン・ゴンザレスを招集する・しないでゴタゴタがあり、五輪開幕まで2ヶ月というときに監督解任劇にまで発展してしまった経緯がある。

所属球団との調整次第では、まだ変更があるようだが、とりあえずここでは日本でも馴染みのある選手たちを紹介しておきたい。

 

 

東京五輪メキシコ代表の主な選手

投手

オリバー・ペレス

スリークォーターの左腕投手。

2002年、パドレスでメジャーデビュー。その後はパイレーツ、メッツ、マリナーズ、ダイヤモンドバックス、アストロズ、ナショナルズ、インディアンスを渡り歩いた。2021年はメキシカンリーグでプレー。

MLB通算73勝92敗 5S 105H

2006、2009、2013、2017WBCメキシコ代表

 

セサル・バルガス(BC茨城)

右投右打

2016年にパドレスでメジャーデビュー。2021年にBC・茨城に加入。

 

内野手

ブランドン・レアード(千葉ロッテ)→辞退

右投右打

2011年にヤンキースでメジャーデビュー。その後はアストロズなどでプレーし、2015年に北海道日本ハムに入団。スシポーズで人気を博し、2016年に本塁打王のタイトルを獲得。2019年に千葉ロッテに移籍した。アメリカでは一塁を守っていたが、日本では三塁手である。

侍ジャパンへの選出が一人もいなかった千葉ロッテから、メキシコ代表に選ばれた。

MLB通算 打率.194 打点16 本塁打6

NPB通算 打率.241 打点453 本塁打169

2017WBCメキシコ代表

 

エフレン・ナバーロ(元阪神)

左投左打

2011年、エンゼルスでメジャーデビュー。2018年から2シーズン、阪神に在籍。2019プレミア12のアメリカ代表との3位決定戦でサヨナラヒットを放ち、東京五輪出場を決めた。2020年からはメキシカンリーグでプレー。

MLB通算 打率.241 打点22 本塁打3

NPB通算 打率.264 打点27 本塁打3

2013、2017WBC、2019プレミア12メキシコ代表

 

ラミロ・ペーニャ(元広島)

右投両打

2005年にメキシカンリーグからMLBへ移籍。ヤンキースと契約。2009年にメジャーデビュー。その後はマイナーリーグ中心のプレーで、2017年に広島東洋カープと契約したが、翌年にメキシカンリーグに移籍した。

本職は遊撃手だが、二塁、三塁も守れる。

MLB通算 打率.252 打点63 本塁打9

NPB通算 打率 .216 打点2 本塁打0

2013WBCメキシコ代表

 

エイドリアン・ ゴンザレス

左投左打

2004年にレンジャーズでメジャーデビュー。その後、パドレス、レッドソックス、ドジャースでプレー。2014年に打点王を獲得。2018年にメッツを退団。2021年、東京五輪出場を目指してメキシカンリーグで現役復帰した。

MLB通算 打率.287 打点1202 本塁打317

2006、2009、2013、2017WBCメキシコ代表

 

ライアン・ゴインズ(FA)→追加招集

2013年にブルージェイズでメジャーデビュー。

 

 

 

なお、元中日やオリックスでプレーし、2019プレミア12の3位決定戦で9回に起死回生の同点ホームランを放ったマット・クラークは落選。自身のTwitterで不満を爆発させていた。

 

baseball.p-goro.com

baseball.p-goro.com

baseball.p-goro.com

baseball.p-goro.com