侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームに関する二、三の事柄

【世界野球プレミア12 ORグループC DAY3】

世界野球プレミア12。韓国で展開中のオープニングラウンド・グループCの最終日である。可能性は無限大である。

グループC

オーストラリアvsカナダ
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
CAN 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1
AUS 1 0 0 0 0 0 0 2 X 3

オーストラリアは1回裏、グレンディニングの犠牲フライで1点を先制するが2回表にカナダのトソニのタイムリーツーベースで同点に追いつかれる。その後は両チームともに決め手なく同点のまま8回裏である。オーストラリアが二つの四球で2アウト1、2塁のチャンスをつくるとカナダはピッチャー交代。マシソンである。でも打たれちゃった。勝ち越しのスリーベースを打たれ2失点である。どよーん。
カナダは先発ダイクソーンが6回1失点とゲームをつくるがオーストラリアの5人の継投を打ち崩すことはできなかった。マシソーン!カナダのオープニングラウンド敗退が決まった。

f:id:wataridori73:20191109064116j:plain
https://premier12.wbsc.org/ja/2019


韓国vsキューバ
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
CUB 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
KOR 0 2 0 0 4 1 0 0 X 7

韓国の先発は右のアンダースロー朴鐘勲。試合は2回裏に韓国が満塁から金 河成のタイムリーで2点を先制する。さらに5回裏に韓国は2連続タイムリーに犠牲フライ、さらにタイムリーで4点を追加。6回裏に次世代のスター・李正厚のタイムリーツーベースで7点目。投げては6人の継投でキューバを無失点に抑えた。
キューバは7安打を放つも繋がらず無得点に終わった。2度の好機で凡退のグラシアル。グラシアール!今大会は無安打で終了した。
これでグループCは韓国とオーストラリアがスーパーラウンドに進出を決めた。

f:id:wataridori73:20191108070357j:plain
https://premier12.wbsc.org/ja/2019