侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームなどに関する二、三の事柄。基本的には月曜、木曜更新です。

20200725200428

【侍ジャパン 歴代ユニフォーム 19WBSCプレミア12その2】

f:id:wataridori73:20210324132249j:image

 

前回同様に、2019プレミア12のユニフォームというより、稲葉監督就任以降の侍ジャパンのユニフォームである。トップチームの監督が変わると、全カテゴリーのユニフォームが刷新されるのである。トップチームの監督は偉いのだ。というわけで2017年秋から現在まで使用されているユニフォームなわけだが、便宜的に2019プレミア12のユニフォームということで。

 

 


f:id:wataridori73:20210221114021j:image

ビジター用である。小久保監督のときのビジター用ユニフォームよりもネイビー色が強くなったと思う。そこに赤がよく映えている。非常にスッキリとした印象である。

 

 


f:id:wataridori73:20210221114036j:image

やはりここはレプリカだけでも刺繍にしてほしかったなあ、と思ってしまう。レプリカの矜持は、プロコレとはやはり何かが違うところだ。それは決して劣化版ということでない。

 

 


f:id:wataridori73:20210221114050j:image

アシックスである。もうミズノではない。

 

 


f:id:wataridori73:20210221114107j:image

ここもやはりワッペンを縫い付けてほしかったのだが。もうそんなのは過去。時代遅れの老害のボヤキなのだろうか。

 

 


f:id:wataridori73:20210221114120j:image

源田壮亮。侍ジャパンの不動のショートストップ、とまではいってないのが哀しい。だが坂本勇人だからなあ。まあ、次期レギュラーの最有力候補だろう。

2019プレミア12、千葉マリンでのオーストラリア戦、源田によるセフティースクイズは侍ジャパン史に残る、魂が震えるシーンだった。源田と周東佑京による、日本らしい一点の取り方だった。

 

さて、とりあえずロス五輪あたりから現在までの侍ジャパン、すなわち野球日本代表のユニフォームをレプリカでふり返ってきたこの旅路も、現時点の終着駅に到着した。もちろんこの先もジャパンのユニフォームが変更になれば紹介していくし、過去ユニで新たに発掘したものがあればアップしていくつもりだ。では。くたばれコロナ!

 

baseball.p-goro.com