侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームに関する二、三の事柄

【WBSC U-18ワールドカップ 日本代表VSスペイン代表】

f:id:wataridori73:20190907071723j:plain

WBSC U-18ワールドカップ

オープニングラウンド第1戦

日本代表VSスペイン代表

侍ジャパンU-18 スタメン

1 中 森 敬斗(桐蔭学園)
2 ニ 坂下 翔馬(智辯学園)
3 一 韮沢 雄也(花咲徳栄)
4 三 石川 昂弥(東邦)
5 左 遠藤 成(東海大相模)
6 遊 熊田 任洋(東邦)
7 指 武岡 龍世(八戸学院光星)
8 捕 山瀬 慎之助(星稜)
9 右 横山 陽樹(作新学院)

   投 池田 陽佑(智辯和歌山)

 

スコアは2―4である。辛勝である。
4回に侍ジャパンは先発池田がつかまり2点を先制される。早めに追いつきたい侍ジャパンだが、スペインの先発ルナを打ち崩せないまま7回を終えた。だが8回にスペインはピッチャー交代。2番手のエルナンデスから侍ジャパンはクリーンアップが3者連続タイムリーで逆転に成功したのであった。
休憩時間にスマホで見てただけだが、スペイン先発のルナは変化球の制球がよく、ストレートにスピードはないものの緩急をつけて侍ジャパン打線を苦しめていた。特にカーブが良かったと思う。いいピッチャーだなあ、と思ったが打ち崩せないほどではない。かな。初戦の固さと、やはり積年の課題である木製バットの対応だろうか。
球数制限でスペインの先発ルナが降板してくれたおかげで勝てたようなものだ。球数制限がなければ続投していたかもしれない。とはいえ、苦しみながらも勝った。とりあえず勝った。大人の事情に巻き込まれ、なんだかめんどくさい旅立ちになってしまった若き侍ジャパンだが、まずはスーパーラウンド進出に向けて頑張ってほしい。