侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームなどに関する二、三の事柄。基本的には月曜、木曜更新です。

20200725200428

「週刊ベースボール」日本代表特集号(2)

「週べ」日本代表特集号 2006WBC編

くたばれコロナ!とりあえず小さくたって大きな声で叫ばなければ気がすまぬ。昨日も今日も。

4年に一度の地味な趣味だった「週刊ベースボール」の日本代表特集記事のスクラップも、このあたりから少しずつ頻度が増していく。それでもまだこの頃は大会前後くらいの記事だけである。今後は国際試合も増えて、さらにスクラップせねばならぬ記事が増えていくのである。

 

 

f:id:wataridori73:20200707213323j:plain

「週刊ベースボール」2006WBC特集号

2006年の新春合併特大号でWBC展望号である。スーツ姿の松坂大輔が表紙だ。松坂の表紙登場は非常に多い。日本代表Wエースとして松坂、上原のインタビューが掲載されている。さらには現ライオンズ監督の辻コーチと侍ジャパンU-15代表の監督である鹿取コーチの対談、主要出場国の戦力分析などが載っている。

 

 

 

f:id:wataridori73:20200707213354j:plain

「週刊ベースボール」2006WBC特集号

2006WBC開幕前の展望特集である。川崎宗則と青木宣親の対談、藤田宗一、薮田安彦、藤川球児の対談、多村仁インタビューにアジアラウンド出場国選手名鑑など盛りだくさんの内容である。

表紙の日の丸は編集部員が思いつきで池袋の東急ハンズで2100円で買ってきたものであるが、キャンプ地や代表合宿などを巡って、最終的に代表チーム全選手・監督・コーチのサインを集めたものになった。ちなみにイチローのサインは王監督の近く、日の丸の右下あたりにあります。

 

 

 

f:id:wataridori73:20200707213405j:plain

「週刊ベースボール」2006WBC特集号

アジアラウンド徹底レビューに、土井淳、高木豊、川口和久らの解説、第2ラウンドであるアナハイムラウンドに向けて、対戦の可能性があるアメリカ・メキシコ・カナダの戦力分析などが掲載されている。

 

 

 

f:id:wataridori73:20200707213414j:plain

「週刊ベースボール」2006WBC特集号

王監督とイチローのツーショットが表紙を飾った優勝記念、総決算特集である。これは見たことがある方も多いのではないか。もう二度とないであろう日本球界のレジェンド二人である。実に美しいではないか。決勝ラウンド詳報、日本代表WBC戦記として大会を総括、上原浩治の単独インタビュー、大塚昌則のWBC優勝記念拡大万歳コラムなどが掲載されている。

国際大会で優勝すると、このような最上級の扱いがなされるのだ。五郎は記念に二冊買った。

 

一人一人がそれぞれの場所で踏ん張るんだ!がんばらない!怠けないこと!

そんな感じで。