侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームなどに関する二、三の事柄。基本的に週休二日制。日本代表ネタ、国際大会ネタがないときは野球カードでつなぎます。お許しを。

【WBSC U-23ワールドカップ2022 DAY 5】

f:id:wataridori73:20221019181422j:image

👇侍J U-23代表歴代メンバー検索はコチラ👇

侍ジャパンU-23代表 歴代メンバー年代順リスト

 

 👇侍J歴代メンバー検索はコチラ👇

侍ジャパン歴代メンバー 年代順リスト

 

THE WBSC U-23 BASEBALL WORLD CUP 2022

 

グループA

🇩🇪ドイツ 0 − 7 コロンビア🇨🇴

スーパーR進出をかけたコロンビアと、一矢を報いたいドイツの対戦である。

コロンビアは2回裏に二本のタイムリーツーベースで2点を先制。さらに3回裏にも追加点、4回裏にはキャッチャーのアロンソにホームランが出てドイツを引き離した。

コロンビアはスーパーラウンド進出を決めた。

 

🇯🇵日本 9 − 0 南アフリカ🇿🇦

我らが侍ジャパンU-23代表と、南アフリカの対戦である。

日本は3回表に、2死ランナー無しから四球とヒットでチャンスをつくると、南木寿也(JR北海道硬式野球クラブ)がタイムリーを放ち先制。さらに平野友都(西部ガス)、樫村昌樹(日本製鉄鹿島)がつづき、5得点をあげた。

日本の先発・工藤稜太(信越硬式野球クラブ)はヒットを打たれながらも3イニングを無失点で切り抜け、4回からは谷優希(伯和ビクトリーズ)、柳橋巧人(JR東海)、藤村哲之(東芝)、片山楽生(NTT東日本)の1イニングごとの継投で南アフリカ打線を零封した。

南アフリカはまたも大会初勝利とはならなかった。

 

🇻🇪ベネズエラ 3 − 4 台湾🇹🇼

スーパーR進出をかけたベネズエラと、すでに決めている台湾の対戦である。

同点の3回表に、ベネズエラは4番チリノスのホームランで勝ち越した。

6回裏にふたたび逆転を許したベネズエラだったが、土壇場の7回表にまたもや4番チリノスがホームランを放ち同点に追いつく。

だが、延長8回裏に台湾がサヨナラ勝ちを決め、前大会優勝のベネズエラはオープニングラウンドで力尽きた。

 

 

 

 

 

グループB

🇨🇺キューバ 2 − 0 メキシコ🇲🇽

オープニングR敗退が決まっているキューバと、スーパーR進出をかけたメキシコの対戦である。

試合は投手戦となり、6回を終えて両チーム無得点。7回表に遂にキューバが2点を先制し、そのままゲームセットとなった。

 

🇵🇷プエルトリコ 2 − 3 韓国🇰🇷

スーパーR進出をかけたプエルトリコと、進出を決めている韓国との対戦である。

試合は4回まで膠着状態がつづいたが、5回表にプエルトリコの8番タラボチェにホームランが出て先制する。

だが直後の5回裏に韓国が同点に追いつく。さらに6回裏に韓国は7番の曺にホームランが出て勝ち越しに成功。

追い込まれたプエルトリコは、7回表にロドリゲスにタイムリーが出て土壇場で追いつく。

延長戦に突入した試合は、8回裏に韓国がピッチャーゴロで1点を返しサヨナラ勝ちを決めた。打ち取っていたプエルトリコは不運だが、韓国のアグレッシブな走塁が幸運を呼んだ。

 

🇦🇺オーストラリア 5 − 4 オランダ🇳🇱

スーパーR進出に望みをつないでいるオーストラリアと、オープニングR敗退が決まっているオランダとの対戦である。

試合はシーソーゲームの展開で、オランダが1点リードで迎えた最終回7回表にオーストラリア打線がつながり、3本のタイムリーが出て3得点で逆転した。

7回裏にオランダは1点差に迫ったが、ゲームセットとなった。

 

🇵🇷プエルトリコ 0 − 8 オーストラリア🇦🇺

雨天順延となっていた試合。

スーパーR進出に向けて負けられないオーストラリア。

オーストラリアは序盤から打線が爆発し、特にキャッチャーのホール・アレックスが2打席連続でタイムリーを放ち、2回で6点を先制した。

さらに5回裏に2点を追加し、8点差をつくプエルトリコを圧倒した。

 

 

グループBは韓国がスーパーR進出を決めたが、オーストラリア、プエルトリコ、メキシコが勝敗で並ぶ混戦となっている。