侍ジャパンと、ユニフォームと

野球日本代表、すなわち侍ジャパンのユニフォームなどに関する二、三の事柄。基本的に週休二日制。日本代表ネタ、国際大会ネタがないときは野球カードでつなぎます。お許しを。

【侍ジャパン レジェンド・インタビュー 宮本慎也編】

f:id:wataridori73:20220506074433j:image

 

私のゴールデンウィークが終わりました。世間と足並みを揃えてGW中は記事の更新を休ませていただきましたが、今日からまた再開します。

よろしくおねがいします。

 

さて、今日は「侍ジャパン チャンネル」のレジェンドインタビューシリーズ。宮本慎也編である。

前回の始球式の記事でも書いたが、いまだに侍ジャパンの、野球日本代表のキャプテンとは宮本慎也のことである、という想いから脱することはできていない。

今回のインタビューではまったく触れられていないのだが、アテネ五輪北京五輪での宮本慎也のキャプテンシーは凄まじかった。北京五輪では主将を通り越してヘッドコーチのような存在感であった。

WBCでは野手ではイチローという別格のプレイヤーがいて、明確にはキャプテンを指名しないという方針だったこともあり、また宮本自身の招集の経緯などもあって宮本慎也が表立った動きをしている感じはしなかった。だが、もちろんそんなことはなく、裏ではチームのために動いていたわけである。

 

youtu.be

 

自主トレ中にスロットで息抜きしていたときに球団マネージャーから電話があり、補欠の補欠で代表チーム招集を告げられたらしい。補欠の補欠という経緯に対してプライドもあるだろうから辞退するかと聞かれたが、宮本慎也はこう答えた。

「ジャパンにプライドも何もない。呼んでくれたら行きますよ」

今の若い世代は、宮本の代表に対する熱量についていけないかもしれない。そこは怖いところなのだが、やはり、とりあえずは侍ジャパンのコーチ宮本慎也を見てみたい。